写真提供:マイナビニュース

写真拡大

スマートフォン用ゲームアプリ『仮面ライダー ブレイクジョーカー』内で使用可能な「キラカード1ダース」デッキとなる『仮面ライダー ブレイクジョーカー プレミアム「仮面ライダー」デッキ』の予約受付が、バンダイの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」にてスタートした。

本商品は、スマートフォン用ゲームアプリ『仮面ライダー ブレイクジョーカー』(ダウンロード無料)にて、カード裏面の「ユニークID」を読み込むことで使用できるカードデッキ。「キラカード1ダース」デッキは、1商品内に1ダース(12枚)のカードがセットされている。さらに今回は、『仮面ライダーBLACK・仮面ライダーBLACK RX』『仮面ライダークウガ』『仮面ライダー剣』『仮面ライダーW』『仮面ライダー鎧武/ガイム』と、デッキ5種類の予約受付もスタートしている。

収録されているカードは、すべてオリジナルホログラムのキラキラ仕様。12枚のうち1枚は、本商品でしか手に入らない「名場面カード」として「1号(桜島ver.)&旧2号」「クウガ決意の変身」「風都を愛する者・W&ナスカの共闘」など、仮面ライダーファンが魂を奮わせたシーンが収録されたスペシャルなカードとなっている。残りの11枚も、デジタルカード・リアルカード問わず人気の高かったカードを再録。この12枚のカードデッキは、各仮面ライダーの「変身ベルト」をモチーフにしたデッキケースも付属される。

スマートフォンがなくとも、収録カード12枚を使用すればデッキを組んで1対1のカードゲームとして遊ぶことができ、封入インデックスに印字されている「ユニークID」をアプリから読み込めば、ゲーム内で使用できるスペシャルアイテムももれなく入手可能となっている。詳細は特設サイトまで。

商品価格は各3,240円で、予約締切は2014年5月8日13:00。商品の発送は2014年6月を予定している。

『仮面ライダー ブレイクジョーカー』は、バンダイのカード事業部とバンダイナムコゲームスより、App Store/Google Play向けに配信されているスマートフォン用ゲームアプリケーション(ダウンロード無料)。集めたカードでデッキを組み、交互にカードを引いていき、BJナンバーの合計が「21」に近い方が相手に攻撃できるルールのカードゲームとなる。次の1枚を引くかホールドするか必殺技を撃つか、相手の数字をみながら考える駆け引きバトルを楽しむことができ、歴代の仮面ライダーと怪人が100種類以上登場。集めたカードは「ブレイク」させて進化させることができる。

カードは、アプリ内で獲得できるデジタルカードのほか、お店で買えるリアルカード『ネットカードダス 仮面ライダーブレイクジョーカー』(裏面に記載された二次元バーコードでアプリに登録可能)の2種類。

(C) 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映ビデオ・東映(C) 2013BNGI(C) BANDAI2013