二階堂ふみと二階堂演じる宇田川咲 ©榎屋克優/集英社

写真拡大

二階堂ふみが、榎屋克優の同名漫画が原作の映画『日々ロック』に出演することが明らかになった。

【もっと大きな写真を見る】

二階堂が演じるのは、日本中で知らない人はいないトップアイドルでありながら、実は大の酒好きという破天荒なヒロイン・宇田川咲。野村周平演じる主人公・日々沼拓郎と出会ったことで自身の運命が大きく変わっていくという役どころとなる。なお、劇中では二階堂がRCサクセションの“雨あがりの夜空に”を熱唱するライブシーンも盛り込まれるとのこと。

原作の『日々ロック』は、2010年から『週刊ヤングジャンプ』で現在も連載中。ライブで極限までエキサイトすると思わず全裸になってしまうという癖を持つ、冴えないロックミュージシャン・日々沼拓郎の熱い青春を描いた作品だ。監督・脚本は『SRサイタマノラッパー』シリーズで知られる入江悠が手掛けるほか、共同脚本には劇団ポップンマッシュルームチキン野郎主宰の吹原幸太が名を連ねている。

■二階堂ふみのコメント
コードのDが相変わらずベンベンいってしまいます。が、ロックな入江組に参加出来ることを幸せに感じています。よろしくお願いします。

■入江悠監督のコメント
数年前、はじめて二階堂ふみさんと会ったとき、セックス・ピストルズとかヴィターリー・カネフスキー監督とか、この子ほんとに16才か!と思うようなことを話したのを覚えています。また一緒に映画を作れるのが心底嬉しいッス。

■榎屋克優のコメント
日本でも数少ないパンクな女優さん、破天荒でキュートなオーラが咲ちゃんぴったり。すごい楽しみです。

■石塚慶生プロデューサーのコメント
「マドンナを尊敬している。でも私は、第二のマドンナにはなりたくない」と言いきったレディー・ガガ。そんなレディー・ガガのような表現欲と生命力を持った宇田川咲を、数々の作品で僕らの常識をぶち壊してくれた二階堂さんに演じていただきたいと思ってオファーしました。新たなロックのミューズ、降臨です!!