松竹梅「ポケットパウチ」

写真拡大

宝酒造は2014年4月1日、松竹梅「ポケットパウチ」<爽快冷酒>、同<旨みの純米>、同<香りの樽酒>を全国発売した。

丸めてそのまま捨てられる

同社の調べでは、清酒の小容量びんのユーザーは購入後、冷蔵庫で保管をする人が9割近くを占め、飲んだ後のびんの処理に不満を持っている人もいることが分かった。これを受けて登場した「松竹梅『ポケットパウチ』」シリーズは、飲みきりサイズとして最適な容量200ミリリットルのパウチパック入り清酒で、冷蔵庫に省スペースで保管できるほか、容器は丸めてそのまま捨てられるようにした。

口当たりまろやかですっきりとした味わいの「爽快冷酒」、穏やかな香りと辛口の味わいの「旨みの純米」、吉野杉樽で貯蔵した、木樽の豊かな香りとキレのある味わいの「香りの樽酒」の3種類をラインアップした。

参考小売価格(税抜き)は、「爽快冷酒」218円、「旨みの純米」278円、「香りの樽酒」278円。