泥沼訴訟で「理研の実態」暴露か

ざっくり言うと

  • 「STAP細胞」論文が不正と認定され、泥沼訴訟が起きる可能性が高まった
  • 小保方氏は訴訟にて、理研内部の赤裸々な裏事情を話すことも考えられる
  • 「捏造論文を素通りさせた理研の実態が暴露されるかもしれない」と筆者

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング