写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●昨今、電車の中で週刊誌を手にとっている人はほとんど見当たらないドワンゴと文藝春秋は2日、共同記者会見を開催し、動画サービス「niconico」にて、『週刊文春デジタル』の配信を開始すること発表した。

配信プラットフォームは、niconico内のブログ&メールマガジン機能「ブロマガ」を使用する。購読価格は月額864円で、最新号を含む過去5冊分の特集記事を読むことができるという。配信日時は『週刊文春』発売日の毎週木曜の5:00となる。

なぜ週刊文春がネットでの記事配信に乗り出すのか。そして、なぜプラットフォームとして選んだのがnicoincoのブロマガだったのか。2日に行われた記者会見の内容から読み解いていこう。

発表会に登壇した文藝春秋常務取締役の西川清史氏は、自身が週刊誌の現場にいた1970〜80年代を振り返り、ネット配信に挑戦する理由を次のように語っている。

「当時は週刊文春の発売日に国電(※現JR)に乗ると、車両の中に2、3人は週刊誌を読んでいる人がいた。その人数が多いか少ないかで、その号の出来不出来を判断するバロメータになっていた。昨今、電車の中で週刊誌を手にとっている人はほとんど見当たらない。何をしているかというと、スマホでパズドラなどのゲームをやっている。そういった人たちに週刊文春のコンテンツを突きつけたいと思った」

週刊文春をデジタル化する上で、文藝春秋がプラットフォームに選んだのは、niconicoの「ブロマガ」だった。「ブロマガ」とは、ブログとメールマガジンの要素を併せ持ったプラットフォームだ。月額課金による定期購読モデルの他、都度課金にも対応。文字だけでなく、動画や生放送などでコンテンツ配信することもできる。現在の購読者数は約13万人。ドワンゴ川上会長によると「正直、少ない数字」だというが、「これまでネットでお金を取ることは難しかった」ことを考えると一定の成果であり、「これからユーザーのリテラシーが変わっていけば購読者数は増えていくだろう」という。

週刊文春がそんなブロマガをデジタル化のプラットフォームに選んだのには、以前にニコニコ生放送で芥川賞の会見中継を行ったり、川上氏が「ジブリ見習い日記」を週刊文春に連載していたりという縁があった。加えて、「ブロマガで週刊誌の記事を配信するのは初めての試み。トライしたい」という西川氏の思いもあったという。

「月刊の文藝春秋は3年くらい前からデジタル化を進め、電子雑誌という形で電子書店で販売している。そちらは読者がやってきてダウンロードするというプル手法だが、そうではなくメールで届けるというプッシュ手法にしたとき、週刊誌がどのように世の中に受け入れられるか見てみたかった」

こうしたデジタル化に積極的に取り組む裏には、昨今の出版不況が大きく影響している。西川氏によると、現在の週刊文春の発行部数は約70万部。週刊新潮や週刊現代、週刊ポストといったその他の週刊誌もだいたい50万部前後で推移しているという。ピーク時には90万〜100万部売っていたことを考えると、週刊誌業界の苦境は明らかだ。西川氏はそんな現状を「デジタルの力で支えたい」と意気込む。

●ニコニコの中で週刊文春というブランドがどこまで購読者を増やせるのか「週刊文春デジタル」は週刊文春発売日である毎週木曜日の5:00に、本誌に掲載しているすべての特集記事をブロマガで配信する。特集記事とは、グラビアと連載記事以外の部分で、簡単にいえば電車の中吊りに出ている記事のことだ。連載記事の中でも、例外的に川上氏の「ジブリ見習い日記」だけはデジタル版でも配信する。

月額は864円で、毎週配信される最新号を含め、過去5冊までバックナンバーを購読することができる。新しい号が配信されれば、一番古い記事から読めなくなっていく仕様だ。もちろん、ePUB形式でダウンロードしておけばいつでも読むことができる。また、週刊文春では発売日前日の夜にスクープ速報として、スクープの予告記事を載せているが、それも「週刊文春デジタル」にて配信する。

今後は「まずは1万人の購読者を獲得する」ことを目標にし、ニコニコ生放送を使って「中吊りを配信する」などの試みにも挑戦していく予定だ。将来的にはニコニコユーザーからネタを募集したり、インタビューや会見映像を配信するなどの動画を活用した配信も視野に入れているという。とはいうものの、コンテンツをネット配信することで紙の売上に影響はないのか。西川氏は、「経験上、大きな影響はないと考えている」と述べる。

「3年前にデジタル化を始めたときは、紙の売上が激減するんじゃないかとか、いろいろな危惧があった。しかし、デジタル版の売上はうまくいっても紙の5%程度。そう考えるとそれほど大きな影響はない」

そもそも、niconicoユーザーと週刊文春とではメインとなるユーザーの年代が異なっていることもある。

「紙の週刊文春の読者は40代以上がメインの層。一方でniconicoさんは10代から20代の若い層が多い。彼らはこれまで存在しなかったニューカマーであり、新たな読者になる可能性がある」

単にデジタル化するのではなく、これまで存在しなかった層にリーチすることで、今までになかった化学反応を期待したい。ブロマガをプラットフォームに選んだのには、そういった思惑があった。

これまでにない試みだけに、将来性は未知数だ。「この試みがうまくいけば他の週刊誌ともやっていきたい」と語る川上氏だが、ネットではそもそも課金システムの成功事例自体が少ない。まずはこの「週刊文春デジタル」を成功させることで、今後につなげていく狙いだ。

ブロマガの属人性という不安要素もある。ブロマガの売れ筋を見ると、購読者数の1位はニコニコ動画の人気ユーザーである「M.S.S.Planet」。そして、堀江貴文氏、Gackt、岡田斗司夫氏と続く。彼らの購読者はいわば"ファン"であり、その意味でブロマガは属人性が強いプラットフォームといえる。その中で週刊文春というブランドがどこまで購読者を増やせるのか。

「まさにそこに挑戦したかった。属人性のない週刊文春というブランドがどう受け入れられるのか、やってみないとわからない。非常に興味深い」と西川氏は言う。

一方の川上氏は、ブロマガが属人的であることを認めつつも、「津田大介さんのブロマガなどは津田さん以外の人も書くなど雑誌化しており、今後はどこかでその部分が変わっていくのではないか。また、週刊文春という名前はネットの世界ではすでにキャラクター化しており、ある種の人格として認知される可能性がある」と今回の試みに期待を寄せた。

雑誌としてのモットーは「向かうところ敵ばかり」と「親しき仲にもスキャンダル」だという週刊文春。会見の最後に西川氏は「川上さんには、どうか我々がスキャンダルを書かなくてもいいように、身辺を清く正しくしてくださいねとお願いしている」と会場を笑わせていた。

(山田井ユウキ)