地元静岡で2週連続Vを狙う!(撮影:ALBA)

写真拡大

<ヤマハレディースオープン葛城 事前情報◇2日◇葛城ゴルフ倶楽部山名コース(6,540ヤード・パー72)>
 今年最初の4日間競技、国内女子ツアー「ヤマハレディースオープン葛城」が3日(木)に開幕を迎える。先週の「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」でツアー初優勝を飾った渡邉彩香はプロアマ大会に出場し、最終調整を行った。
渡邉彩香が劇的イーグルで逆転V!“こだわりの”3鉄で勝利を引き寄せる
 歓喜の初優勝も束の間、優勝の翌日早朝には飛行機に乗り込み、息つく間もなく会場入りした渡邉。しかし宮崎を発つ際に、「宮崎空港に優勝を祝う大きな垂れ幕がかけられていたんです。こんなに早く飾ってもらえて嬉しかったです」と思いがけず嬉しいエピソードがあったようだ。会場入りしてからも多くの先輩プロから「おめでとう」という言葉をかけてられ、ラウンド後のインタビューでは「(優勝の)実感が湧いてきました」と笑顔で話した。
 一方、会場となる葛城ゴルフ倶楽部山名コースの印象について渡邉は、「いつ来ても難しいですけど、嫌いなコースではありません」とコメント。「グリーンと風を攻略できればいいゴルフができると思います」6540ヤードという総距離はツアー屈指の飛ばし屋である渡邉にとっては有利な条件であるだけに、春先特有の強風さえ攻略できれば初優勝からの2週連続優勝も十分にあり得るだろう。
 また静岡県出身の渡邉にとって今大会では地元の応援という後押しもある。
 今大会にはかねてより地元の友人たちが応援に駆けつけることになっており、先週の優勝もあって渡邉への期待はさらに高まっている。「みんな楽しみにしてるって言ってくれてます」当然、渡邉自身も今大会には強い思い入れを持って臨んでいるが、「頑張りたい気持ちはありますけど、あまり意識せず先週と同じように良いゴルフがしたいです」と強い意気込みは抑えて戦っていく方針だ。
 今季初の4日間競技という長丁場の今大会。春の訪れて共にその才能を開花させた期待の大型プレーヤーが果たしてどのようなプレーを見せるのか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
森田理香子が海外メジャーではなく国内ツアーを選んだ理由とは
【日本ゴルフ界再生計画】消費税増税にゴルフ界はどう対応すべきか
注目の最新ギアを斬る!「TANABEE試打」
ゴルフが好きな美人が集合 美ゴ女を見てね
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」