『アオハライド』

写真拡大

咲坂伊緒の少女漫画『アオハライド』が実写映画化され、12月に全国東宝系で公開される。

【もっと写真を見る】

『別冊マーガレット』で2011年から連載中の『アオハライド』は、中学生時代の初恋相手である馬渕洸に高校で再会した吉岡双葉が、どこか変わってしまった洸に戸惑いながらも再び惹かれていくというストーリー。7月からはテレビアニメ版の放送も予定されている。

映画版の主人公・双葉役には本田翼、洸役には『桐島、部活やめるってよ』や『クローズEXPLODE』に出演している東出昌大が決定している。さらに新川優愛、吉沢亮、藤本泉、小柳友らが出演陣に名を連ねている。監督を含むスタッフは映画『僕等がいた』のチームが再びタッグを組み、『ソラニン』『陽だまりの彼女』などでも知られる三木孝浩が監督、『岳-ガク-』『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の吉田智子が脚本を手掛ける。