昨年のザ・バークレイズ 腰の痛みに崩れ落ちるウッズ(Photo by Chris CondonPGA TOUR)

写真拡大

 世界ランキング1位のタイガー・ウッズ(米国)が今季のメジャー初戦「マスターズ」を欠場することを自身の公式ホームページで発表した。
タイガー、マスターズ出場危機?背中痛改善せず「少し早すぎる」
 ウッズは今週月曜日に昨年から痛めていた腰の椎間板を手術。手術は成功したものの、回復には時間がかかり「マスターズ」出場は不可能と判断した。復帰時期は未定で、少なくとも数か月かかる見込みとなっている。ウッズは「でられないのは非常に残念。マスターズは特別な一週間だが、医師の勧めもあり断念した」とコメントした。
 それでも、ウッズ自身ヒザの怪我から復活してきたこともあり、「将来は楽観している」と復活に意欲も示していた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【日本ゴルフへホリエモンの提言】日本だけで商売をしようとするからいけない
片山晋呉とネスレが国内最高賞金のマッチプレー選手権を開催!
米ツアーの今季スケジュール