女子に聞いた!美容費の節約術「ドラッグストアのテスターで手入れを済ます」「化粧品モニターをする」

写真拡大

働く女子たるもの美容に手を抜くことなんてできません。でもコスメに美容院、そしてエステとこだわり出したらきりがありません。世の女子たちはどんな風にして美容費を節約しているのでしょうか?

■コスメ編

・「ドラッグストアのテスターで手入れを済ます。費用は抑えられないが、自前の美容液とかが長持ちする」(24歳/運輸・倉庫/営業職)

・「皮膚科に行く。市販の化粧品より、肌がキレイになるし、安い!」(29歳/その他/その他)

・「化粧水は手作り、化粧品は100円ショップを使っています」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「化粧品モニターをやってます。ここ1年ほどはほとんど化粧品は買ってません」(21/小売店/事務系専門職)

・「ドラッグストアのポイントが倍になる日にまとめて化粧品を購入しています」(27歳/食品・飲料/専門職)

・「値段の高い化粧水と、安い化粧水を買って、朝晩で使い分けている。だいたい、1カ月分の高い化粧水が3カ月くらい持つ」(31歳/情報・IT/技術職)

社会人としてメークは必須なので、どうしてもお金がかかってしまいます。そんなときの強い味方がプチプラコスメ。最近は優秀なプチプラコスメも増えているからうれしい限りです。しかし、一番の節約術は「よく眠る。ストレスをためない。これほど肌に良いことはない」(23歳/医療・福祉/専門職)ことかもしれません。

■美容院編

・「髪は自分で切る。大学時代からはや6年自分で切り続けている。1回4,000円と考えると、かなり浮かせているのではないかと思う」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「美容院は、失敗覚悟でカットモデルに行く。カラーも1,000円くらいでやってくれるので助かる」(30歳/機械・精密機器/営業職)

・「髪の毛はロングのストレートにしておき、なるべく自分でドライヤーやコテでアレンジして結婚式などパーティーに参加すると1回に5,000円は抑えられる」(27歳/電機/技術職)

多かったのが自分で前髪を切る人。もしかして前髪カットにかけてはセミプロ級? そんな女子があなたのまわりにもきっといるはず。ノウハウを聞いてみては?

■エステなど

・「プラチナローラーで自宅エステをして、エステには頻繁に行かないようにする」(25歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「エステに通う代わりに家でセルフマッサージをしたりしています」(30歳/印刷・紙パルプ/クリエーティブ職)

・「爪のケアは自分でしてます 前はお店で1万くらいしてたのですが家だとモノさえそろえればタダ!」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

初期投資の必要はありますが、すぐに回収できるかも。自分でエステしたり、爪のケアをすることって素敵な趣味にもなりそうですね!

すべての美容にこだわりを持ったら、お金がいくらあっても足りません。「脱毛のペースを、状態を見ながら落とす。化粧品も、こだわるところはこだわるが、自分の中で優先順位の低いものは100均で済ます」にあるように、メリハリつけた出費をするのが賢い節約術といえそうです。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2013年10月にWebアンケート。有効回答数296件(22歳〜34歳の働く女性)