藤原竜也のイタズラに“苦情”、映画共演のブラマヨ小杉竜一が告白。

写真拡大

品川ヒロシ監督の最新作「サンブンノイチ」が4月1日のエイプリルフールに公開され、都内で行われた初日舞台挨拶に、品川監督をはじめ主演の藤原竜也、小杉竜一(ブラックマヨネーズ)、田中聖、中島美嘉、窪塚洋介、池畑慎之介☆、原作者の木下半太、主題歌を担当した→Pia-no-jaC←が登壇した。

本作は「ドロップ」「漫才ギャング」の品川ヒロシの監督第3作。木下の同名小説を原作に豪華キャストで描く、銀行強盗を成功させた3人の男と、その大金を狙う人々の騙し合いの一発逆転劇だ。

大歓声に迎えられステージに登場した出演者陣は、まずは観客に挨拶。ところが“小杉”として挨拶を始めた男をよく見ると……本作にも登場している体形のよく似た赤羽健一(ジューシーズ)。エイプリルフールということで、小杉になりすましていたのだ。ここで「ちょっとちょっとー!あんまりやないですか!!」と、本物の小杉が大慌てで登場。会心の「ヒーハー!」を繰り出し、会場を沸かせる。すると、次に挨拶をした窪塚も「ヒーハー!」、さらに池畑が「ピーター!」と絶叫。見事なコンビネーションで爆笑を巻き起こした。

今回、主人公たち3人の中の1人を演じた田中が初登壇。また、本作が審査員特別賞ゴールデンシーサー賞を受賞した「第6回沖縄国際映画祭」では、藤原が韓国の空港で迷子になったため舞台挨拶を欠席したというアクシデントもあったため、主要キャストが全員集結の舞台挨拶に、品川監督は「初めて全員そろいました!いつもサンブンノイチしかいなかったのに」と感無量の様子だ。

先日、藤原、田中、小杉の3人と飲みに行き、小杉に膝枕をしてもらい3人の楽しそうな会話を聞きながらうとうとしていた時、「このまま死んでもいいくらい幸せだと思いました」というエピソードを披露し、本作への熱い思いを語った。

舞台挨拶中、「ツッコミが長いよ!」「ちょっと黙って」と品川監督&共演者陣からイジラれっぱなしだった小杉は、「ちょっと黙って!」と、藤原にマイクを押さえつけられてしまうこともしばしば。撮影中もプライベートでもイジラれっぱなしだそうで、小杉から「竜也のイタズラがすぎるんです!」と苦情が飛び出した。

赤羽も、藤原に電話番号を教えてもらい喜んでかけたところ、迫力ある某俳優さんの電話だったという被害を告白。品川監督も、小杉不在の時は藤原に無茶ぶりをされているとのことだ。

さらに、藤原と田中がそろうと「一番タチが悪い!」と小杉。3人でメールを送りあう中、藤原と田中はわざと小杉を無視してお互いを褒め合い、小杉が「オレは?」を連発するというやりとりを早朝の5時まで続けたこともあったそう。舞台上でのフォトセッション時も、藤原が素知らぬ顔して小杉をヒジで押すというイタズラを仕掛け、小杉が「ちょっと!ヒジ当たってるんですけど!!」叫び、さらに藤原が強く押し……というコンビ芸(?)で会場を笑わせた。

原作の木下も「小説を書くときに映像をイメージするんですが、頭の中をのぞかれたんじゃないかと思うくらい僕の浮かんだ映像とピッタリの映像。ホント面白いです!」と絶賛。「最初はバカなことを言ってるなと思うところもありますが、これが後半になるにつれて謎に繋がっていく。何度見ても楽しめる作品になっています」(藤原)、「洋画っぽさのいい部分と邦画っぽさのいい部分が上手く融合できている作品だと思います」(田中)、「この濃い面々が個性をさらけ出し、ぶつけ合い、それが画面いっぱいに暴れまわってる映画です」(品川)とそれぞれ作品への想いを語り、舞台挨拶を締めくくった。