ツアーでもロフトアップキャンペーンが展開されている この流れは続いていくのか(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

 2014年、ゴルフ道具のトピックとしては“ハイ・ロフト”ドライバーがあげられるでしょう。もっともコレは今最も市場に影響力のあるブランド『テーラーメイド』が仕掛けた“LOFT UP+”キャンペーンにあるのですが。
ドライバー進化の弊害?ウェッジのミスが増えていませんか?
 PGAツアーをみると、テーラーメイドの契約選手たちは確かに“10.5°”や人によっては“12°”と表記された『SLDR』ドライバーを使っています。まだまだ“9.5°”の選手も多いですが、トッププレーヤーがハイ・ロフトドライバーを手にするようになったのは事実です。
 なぜ、こうした従来とちがったロフトチョイスになるのか。巷ではテーラーメイドが押し進めているヘッド設計“LOW FORWORD CG(低くて浅い重心)”にあると言われています。
 フェース面上のバランスポイントは、重心を深くすればするほど高くなります。このため、深重心を目指すなら、低重心も一緒に達成しないと、深くて高い重心のヘッドになってしまいます。この場合、打ち出し角度は高くなりますが、バックスピンは増え、ボールが前に強く飛ばなくなってしまうのです。
 そこで出てきたのが、“LOW FORWORD CG”という発想。フェース面上の重心を下げるために、重心の深さをあえてフェース寄りに配置したのです。簡単にいえば、バックスピンの減少を優先し、打ち出し角度を高くすることを捨てたのです。
 ここで、問題となるのは、低スピンで低打ち出しでは、やはり大きな飛距離は望めない、ということです。そこで“LOFT UP+”。打ち出し角度は、ロフトで作ってください、ということになっているのです。
 これはテーラーメイドユーザーだけの問題とも言えません。前重心設計のヘッドは他社でも増えていますし、何よりもゴルフボールそのものがロングショットでは、かなり低スピンになっているからです。ボールは初速やスピン量を設計によってコントロールできますが、唯一打ち出し角度を操作できません。角度は、クラブが作る。そのために人それぞれに合ったロフト選びが求められているのです。
 いま、テーラーメイドは“12°”や“14°”のハイ・ロフトヘッドの販売を開始し、今後は“16°”以上のドライバーまで視野に入れて、開発、テストを繰り返しているとウワサされています。
 ではゴルファー皆さんは、“12°”や“14°”、“16°”と表示されたドライバーヘッドを使うことに対して、どう思うでしょうか? ドライバーのハイ・ロフト化は、時代の趨勢。しかし、販売に繋がらなければメーカーもこの路線を継続することはしないでしょう。ドライバーの未来は、ゴルファーの皆さんが決めるのです。
ゴルフギアライター 高梨 祥明(たかなし・よしあき)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【日本ゴルフ界再生計画】消費税増税にゴルフ界はどう対応すべきか
【日本ゴルフへホリエモンの提言】日本だけで商売をしようとするからいけない
永久シード選手、尾崎直道がテーラーメイドと総合用具提供契約を締結!