日本と韓国の関係が、かつてないほど冷え込んでいる。日本人の対韓感情は、李明博(イ・ミョンバク)元大統領の竹島上陸問題などを契機に悪化。現在の朴槿恵(パク・クネ)大統領による度重なる反日発言を受けて、修復不能なほど悪くなっている。日本の韓流ブームが失速した背景には、単純にブームがピークを過ぎただけではなく、歴史認識をめぐる両国の葛藤にどことなく居心地の悪さを感じ、自ら韓国離れした人も多いのではないだろうか。(イメージ写真提供:(C)jackmalipan/123RF.COM)サーチナ

反日影響?GWの韓国観光が減少か

ざっくり言うと

  • GWに韓国を訪問する日本人観光客の予約率が、昨年比で約30%減少したとわかった
  • 韓国側は、両国の政治的問題、円安による需要沈滞の長期化などが原因と分析
  • 反日政策が軟化する見通しはなく、苦戦を強いられそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング