10万円で10倍高狙いならスマホゲーム株を攻略せよ!
『パズドラ』で株価200倍増のガンホー、『魔法使いと黒猫のウィズ』で倍増のコロプラに続き、業績低迷のミクシィも『モンスターストライク』のヒットで昨年末に株価8倍増を達成。一発逆転も狙えるSNSゲーム株攻略は、当事者のゲーム会社から学ぶのが一番。急騰を察知するコツを伝授!

10万円で買える注目企業を直撃! アクセルマーク(東証マザーズ・3624)

努力が確実に報われるSNSゲームの人気は健在。ネイティブ優勢だがブラウザ系も下げ止まりが視野に

ブラウザvs ネイティブ、ウェブ屋 vs ゲーム屋

 着うたやウェブ広告配信サービスも手がけるアクセルマークの2013年9月期の売上高は35・2億円。その52%を稼ぐのがソーシャルゲーム事業だ。ディー・エヌ・エーのモバゲー向けカードバトルゲームに強く、『天空のレギオン』が代表作。そのほか『王様ゲーム』や『ビックリマンコレクターズバトル』など、ブラウザ系SNSゲームのジャンルで大きな強みを発揮してきた。

 そんなアクセルマークの社長・尾下順治さんは、「最近のスマホゲームはグリー、モバゲーなどブラウザ系から、端末内のソフトが直接演算処理を行なうネイティブアプリ系にシフト中です。ガンホーさんの『パズドラ』が典型例ですが、ブラウザ系では難しい爐未襪未襯汽サクした動き〞を表現できるようになったのが大きい」と語る。

 さらに、具体的なゲームの運営方法については、「われわれ爛ΕД゙屋〞の強みは、『KPI(キー・パフォーマンス・インジケーター)』という経営上の重要業績評価指標を意識して業務プロセスの改善を図る手法。ゲームでいえば『、アクティブユーザー数』『今日来たユーザーは明日も来てくれるか』『課金ユーザーが平均でいくらお金を使っているか』といったKPIを意識しながらゲームを日々更新・改善していく手法が、ブラウザ系ゲーム、特にカードバトルものにぴったりハマりました」と尾下さん。

 しかし、競争の舞台は開発にお金がかかり、表現力に富んだネイティブ系に移行する。「ユーザーエクスペリエンス(顧客経験価値)を充実させる面では、ウェブ屋よりもゲーム会社さんのほうが強い。その流れで、ガンホーさんやセガさんなどが勢いを取り戻しているのが現状です」

 尾下さん率いるアクセルマークも現在はネイティブ系ゲームにシフト中。昨年9月にはセガネットワークスと共同でネイティブアプリゲーム『反逆のシエルアーク』をリリース。月末の冬休みに入って、同ゲームや定番ブラウザゲームの課金が堅調だったこともあり、今9月期第1四半期の業績を上方修正!「当社が強いブラウザ系ゲームもどこかで下げ止まるはず、と思っています。100%当たるゲームがない以上、堅実な事業展開が必要不可欠。当社が自己資本比率80%を維持してキャッシュを豊富に保有しているのも、そのためです。今後の課題はゲーム開発の『打席数×打率』をいかにして上げるかです」

フリー集団が開発を手がけるのが新トレンド

 最近はミクシィが外部のゲームクリエーターを招聘してネイティブ系の『モンスターストライク』をヒットさせるなど、ゲームの開発形態にも変化の兆しが表れ始めた。「今後のトレンドは映画のように有能なフリーのクリエーター集団が『〇〇組』という形でゲーム開発を請け負う流れ。当社としても100%自社開発でなく、他社との協業なども視野に入れ、リスク管理をしながら打席数を増やしていきたいですね」

 SNSゲームを支えているのは課金力の高い30代男性ユーザー。「なにかと閉塞感の強い日本ですが、SNSゲームは『やればやっただけ(努力すれば努力しただけ)報われる』。ちょっとした課金と時間を費やすことで気持ちがほっこりして、また明日も頑張ろうとユーザーさんに思ってもらえるのがSNSゲームの社会的意義だと思います」

尾下順治(おした・じゅんじ)
アクセルマーク 代表取締役社長

大学卒業後、2年の会社員生活を経て2000年に起業、2003年にフリーランスに転じた後、2005年にベンチャーキャピタルのアイシーピー入社。モバイ ル検索ポータルのエフルートに出向後、転籍し代表取締役就任。同社とアク セルマークの合併後、現職。



この記事は「WEBネットマネー2014年5月号」に掲載されたものです。