摩天楼都市の香港。グラウンド周辺の超高層ビル群の上空を濃い霧が覆う。この地独特の蒸し暑さの中、リオデジャネイロ五輪を目指す7人制ラグビーの日本女子(愛称・サクラセブンズ)が香港女子セブンズに出場し、成長の跡を示した。

「底上げ? それはできたと思います」。浅見敬子ヘッドコーチ(HC)の表情が少し、やわらぐ。18歳が3人という若手主体編成の日本選抜として臨みながら、過去最高の4位と健闘した。

「でも満足とまではいかないですよ。最後、勝てると思っていましたから」

 3月28日の香港女子セブンズ。最後の試合とは、3位決定戦の南アフリカ戦だった。開始直後、日本は攻めに攻めた。一発で走りきるスピードスターは、いない。でもポイントをしつこくつくり、右に左に粘り強く展開し、ざっと3分間も攻め続けた。

 だが、相手ゴール前でミスを犯し、PKから逆襲され、独走トライを許してしまった。いつもの日本のパターンである。土壇場で我慢しきれない。試合の最後も日本のスローフォワードでノーサイドとなった。10−28。

 浅見HCがため息をつく。

「強豪相手だと、こうなってしまう。最後、ミスが出る。そういうところを、払しょくしたいのです」

 そうはいっても、日本はよくやった。2月のワールドシリーズのブラジルセブンズで史上最高の7位となったチームの先発メンバーがほとんどいない。代表経験が少ない選手たちが1次リーグでシンガポール、アイルランドに完勝し、カップトーナメント(上位4チーム)に進出した。

※初戦でシンガポールに36−7で勝利、アイルランドも27−12で下してプールDを1位で通過。準決勝でカナダに敗れ、3位決定戦で南アと対戦して敗戦。

 躍進の理由は、運動量アップとブレイクダウン(タックル後のボール争奪戦)の向上である。猛練習と、オーストラリア人のストレングス&コンディショニングコーチの指導によって、体の柔軟性、高速でのプレー継続力がアップした。スピードの緩急、フィットネスもついてきた。

 ブレイクダウンでのチームの合言葉が「イノシシ」である。アタックの際、ボールを持った一人目が体をずらして相手にぶつかり、イノシシのようにぐいぐいと前に出ていく。足をかいて、ドライブする。これは世界女子の潮流だが、日本もすぐには倒れないようになった。攻めに粘り強さが生まれた。

 課題はディフェンスか。優勝したカナダには準決勝で0−38の大敗。竹内亜弥主将(世田谷レディース)が言う。「ある程度以上の強豪が相手になると、全然、自分たちのラグビーができなくなる。1対1のタックルで、相手を倒し切れない。その壁を破らないといけない」

 サクラセブンズの五輪ロードを見ると、昨年のワールドカップで「世界」との差を痛感した。その沈滞ムードを、新戦力の躍進が取り除いてくれた。この大会、若手主体のチームでも十分戦えた。数年前の層の薄さなら、とても考えられなかったことである。

 経験は大きい。18歳の福島わさな(島根・石見智翆館高)は「高校レベルでは絶対、味わうことができない相手と戦えました」と言葉に充実感を漂わせる。「少しは自分から仕掛けていくことができたのが収穫です。もっと体を強くしていきたい」。まだフィジカル面は見劣りするが、若手の成長がチーム内のレギュラー争いを激しくしていく。

 今年最大のターゲットは秋のワールドシリーズのコア(中核)チーム昇格決定大会である。4月からは代表チームがほぼ合宿状態となる。週に5日は合同練習を実施し、チーム力アップを図っていく。

 コアチーム昇格決定大会の相手となりそうなのが、アジアのライバルの中国ほか、南ア、フランスなど。今後のことを聞かれると、浅見HCは短く答えた。

「もう1回、走ります。勝ちます」

 上昇気流にのるサクラセブンズが、イノシシのごとく、リオ五輪へ猛進する。

松瀬学●取材・文 text by Matsuse Manabu