市民ランナー・中島彩の「続・東京マラソンへの道」

 みなさん、こんにちわ! 『走るフリーアナウンサー』の中島彩です。私は3月中旬、韓国に行ってソウル国際マラソンを走ってきたのですが(コラム「ソウル国際マラソンで衝撃体験!」参照)、せっかくの海外旅行だったので、大会の前後にソウル市内を走ってみることにしました。ひさしぶりの「旅RUN」です! いざ走ってみると、日本と違った文化(?)などを感じることができました。そこで今回のテーマは、「RUN×ソウル旅ラン」。やっぱり、旅行先でのランニングは刺激的ですね!

☆2列に並んで走っていると......?

 大会前日、私がまず訪れたのは、ソウル市内にある「オリンピック公園」です。1988年の夏に開催されたソウルオリンピックを記念して造られた公園で、現在は市民の憩(いこ)いの場になっています。東京にある「駒沢オリンピック公園」をホームの練習場所として利用し、2020年オリンピック・パラリンピックの開催地が東京に決まったときもお祝いRUN(コラム「駒沢オリンピック公園で祝RUN!」参照)をした私にとって、ソウルのオリンピック公園を訪れないわけにはいきません! 6年後にオリンピック・パラリンピックが東京にやってくるので、ぜひともソウルの記念公園をチェックしておこうと思い立ったのです。

 さっそく足を運んでみると、まずビックリしたのが、広大な敷地面積! なんと、東京ドームが30個も入るほどの大きさなんです! 体育館にプール、テニスコート、そして美術館やレストランなど、さまざまな施設が完備されていました。我がホームである駒沢オリンピック公園を思い浮かべながら訪れたのですが、ちょっとケタ違いの大きさでしたね(笑)。そんな広い公園だけあって、市民ランナーの方もたくさんいらっしゃいましたよ。ジョギングコースがあったので、3キロほど走ることにしました。

 今回、オリンピック公園にはソウル国際マラソンに参加する友だち数人と訪れたので、私たちはジョギングコースで走っている地元ランナーの迷惑にならないよう、2列になって走り始めました。ランニング好きのメンバーと複数で走るときは、コンパクトに並んで走ることって多いですよね? でも、韓国のランニング事情に詳しい方に話を聞くと、それは珍しい光景なんですって。韓国の市民ランナーは、みんなで揃って走ることは少ないのだそうです。たしかに周囲を見てみると、みなさん、自分のペースでひとり黙々と走っていました。これもひとつの文化の違いなんでしょうか? 勝手に想像して間違っていたらすみません......。

☆サイクリングコースの長さにビックリ!

 そしてソウル国際マラソンを走った2日後には、ソウルに住むランナーの方にオススメしてもらったコースも走ってみましたよ。出向いた場所は、ソウル市内に流れる大河川・漢江(ハンガン)沿いにある「磐浦(パンポ)漢江公園」です。ここでも、ビックリすることがありました。公園内の川沿いにはサイクリングコースが完備されているのですが、なんとこのコースは韓国を南北に縦走できるほどの長さなんです! ソウルから釜山(プサン)まで開通しており、その距離は約702キロ! すごいですよね! サイクリングコースを見てみると、スポーツタイプの自転車に乗った人々が大勢いました。コースの脇を走ることができたので、私はさっそく川沿いを走ってみることに。すると、ピンクウェアをまとった女性ランナー(私)が相当派手だったのか、かなり注目を集めましたよ(笑)。

 川沿いの道は平坦で走りやすく、どんどん足が進むコースでした。右手にはソウルの繁華街・明洞(ミョンドン)、左手には近年急ピッチで開発が進んでいるビジネス街・江南(カンナム)と、ソウルのさまざまな顔を感じることのできる絶景コースでしたよ。また、コースを走っていると、筋トレマシンやストレッチマシンが無料で使えるスペースもありました。運動前のアップ時や、運動を終えてからのクールダウンに最適です。さすが、700キロにおよぶ一大サイクリングコース! 歩行者の邪魔にならないような市民ランナー用のコースが日本でも国家プロジェクトで作られないかなと思いました。

 こんなにも施設が完備されているのなら、韓国でもランニングブームが来ているのでは? そう思ってソウル在住のランナーの方に聞いたところ、「排気ガスなどの影響で空気がにごっている日もあるから、まだ日本のようなランニングブームには発展していない」とのこと。私は走ることが大好きなので、韓国にもランニングブームが来ればいいなと思ったソウルの1日でした。

 そして最後はせっかく韓国に来たので、ランニング後にマッサージを体験してきましたよ。価格はさすが、マッサージの本場! 60分・1700円でハンドマッサージをやってもらいました! 観光気分でランニングをして、マッサージも受けて、わずかな滞在期間で身体も心もリフレッシュ! 東京から2時間でソウルまで行けるので、これはハマりそうです(笑)。

【今週のRUN日記】

3月22日(土) 休足日
3月23日(日) 休足日
3月24日(月) 3キロ @港区
3月25日(火) 休足日
3月26日(水) 休足日
3月27日(木) 3キロ @港区
3月28日(金) 10キロ @港区

 今週の走行距離は16キロ。先週は50キロほど走ったので、少し身体を休ませました。さて今週、東京でも桜の開花が発表されました! これからの時期、桜の舞うコースで素敵なランができそうですね! そして走ったあとは、もちろんお花見しながらお酒も飲みたいです(笑)。

 LET'S RUN WITH ME!!

 今日までの練習の様子は、ブログをチェックしてください!→中島彩オフィシャルブログ「走ろう!彩と。」

【profile】
中島彩(なかじま・あや)
1987年8月1日生まれ、大阪府寝屋川市出身。慶應義塾大学法学部卒。元東海テレビ報道スポーツ局。現在はキャスト・プラス所属のフリーアナウンサー、タレント。身長158センチ。趣味はマラソンの他に、政治研究。TBS系列「オールスター感謝祭13春」出演。テレビ神奈川「ハマナビ」リポーター。週刊プレイボーイ(集英社)の電子写真集「ケータイ週プレBook」より、初のグラビア写真集『あぶない女子アナ』が絶賛発売中!

中島彩●文 text by Nakajima Aya