ヤギになって暴れ回るゲーム『Goat Simulator』がカオス

写真拡大

ヤギが主人公のシミュレーションゲーム『Goat Simulator』の公式トレイラーが3月26日YouTubeで公開され、投稿わずか5日で300万再生を突破し世界規模で注目を集めています。

【関連:ミュージカル『レ・ミゼラブル』をセサミストリートがパロディ化!】

動画は、ヤギが芝生の上に倒れているシーンから始まり、美しいピアノのBGMをバックに逆再生で何が起こったかが映されています。
街中、道路、他人の家……とにかくこのヤギ、訪れるあちこちを破壊しまくります。

この動画を見て、ゲーム好きな方は気づくかもしれませんが、動画の構成からなんとなくゾンビゲーム『Dead Island』のトレイラーを思い起こさせます。

この『Goat Simulator』はアルファ版テストゲームプレイの動画も公開されていて、ヤギがオープンワールドのマップを巡り歩いています。ヤギは車に轢かれようが、高い所から落ちようが、絶対に死にません。プレイヤーがヤギになってマップを自由に行動するというゲームのようです。

現在は公式サイトでプレオーダーが開始されており、4月1日に販売予定になっています。

参考:

goat simulator公式サイト

(文:おかえり)