“落としても割れないグラス”が売れている。ひとつ2200円という価格にもかかわらず、当初販売予想数の3倍を売り上げるという絶好調ぶりだ。製造元は、医療用カテーテルやリモコンのスイッチなどに使われているシリコーン素材の加工メーカー、信越ポリマー。そう、このグラス、シリコーンでできているのだ。

 見た目は重厚感のある透明なグラス。だが、柔らかいシリコーン製のため、テーブルから落としても割れることはない。

「当社のシリコーン製グラス『シュプア』は、『割れない』こと以外にも大きな特長があるんです」

 開発を担った同社SR開発部SR開発第二グループの中田和哉は、そう説明しながら『シュプア』に熱いコーヒーを注いで差し出した。ガラス製のグラスなら熱くて持てそうにないが、『シュプア』は素手で持つことができる。

「シリコーンはマイナス30度からプラス200度までの耐冷・耐熱性を持つため、熱い飲み物を入れても平気です。しかも熱伝導率が低いので、表面が熱くならないのです」

 この『シュプア』の開発がスタートしたのは2012年のこと。当時巷(ちまた)では、電子レンジで調理できるシリコーン製蒸し器が大きな話題になっていた。だがシリコーンを知り尽くした中田は、それらの製品に物足りなさを感じていたという。

「カラフルですが、一見してシリコーンだとわかってしまいます。さらに独特な臭いが残っているものが多い。ウチならもっといい製品が作れるのになぁと思っていました(笑い)」

 まず試作したのは「電子レンジでご飯が炊けるシリコーン製炊飯器」である。

 だが試作を繰り返すうち、炊飯器だとご飯の炊き上がりばかりが注目され、シリコーンのよさをアピールするという肝心の目的がぼやけてしまうことに気づいた。

 そこで中田は、社内の製造現場にも意見を募ることにした。集まった提案のなかに、目をひくものがあった。それは「ガラスのように透明なシリコーン製グラス」というものだった。

「じつは、シリコーン素材自体はほぼ透明です。しかし強度や硬度を高めるためにシリコーン以外の成分を混合させるため、最終的には色がついてしまう。そのため、市場にある製品はカラフルな色を加えたものがほとんどです。『透明なシリコーン』とはつまり、シリコーン以外の成分を極力使わないということ。もし実現できれば、ガラスのように美しく、しかも割れないという、インパクトのある製品ができます」

 結局、製品化は「ガラスのように透明なシリコーン製グラス」に決定した。

 試作の結果、底を厚くした重厚感のあるスタイルを採用することになった。ただし、底部にわずかな塵や空気が入っただけでも強度が低下し透明度も下がる。そのため、非常に高度な製造技術が必要だった。

 ようやく製造に目途がついたのは2013年9月。11月の業界向け展示会で初お目見えさせることになった。

「インパクトのある展示方法をチームで考えた結果、数十個の『シュプア』でタワーを作り、美しさと強度を演出することにしました。倒れたら危険ではないかと思っている人に手渡して、シリコーン製であることも知ってもらいました」

 この演出が評判を呼び、『シュプア』は発売開始日前から、販売店からのオーダーが殺到。そのほとんどが新規取引先だったという。

「新規開発は新しいお客様への招待状──『シュプア』は、そう教えてくれました」

(文中敬称略)

■取材・構成/中沢雄二

※週刊ポスト2014年4月4・11日号