<FedExCupポイントランキング>
 米国男子ツアー「バレロ・テキサス・オープン」終了時点でのフェデックスカップポイントランキングが発表された。
 同大会でツアー初優勝を飾ったスティーブン・ボウディッチ(オーストラリア)が前週の155位から26位に急浮上。前週から129ランクアップを果たした。
 日本勢では同大会で予選落ちを喫した石川遼が1ランクダウンの27位。出場のなかった松山英樹も前週の35位から39位に順位を落としている。

【FedExCupポイントランキング】
1位:ジミー・ウォーカー(1,922pt)
2位:パトリック・リード(1,343pt)
3位:ダスティン・ジョンソン(1,334pt)
4位:ハリス・イングリッシュ(1,253pt)
5位:バッバ・ワトソン(1,240pt)
6位:クリス・カーク(1,055pt)
7位:ザック・ジョンソン(1,031pt)
8位:マット・エブリ(994pt)
9位:ウェブ・シンプソン(962pt)
10位:ライアン・ムーア(902pt)
26位:スティーブン・ボウディッチ(612pt)
27位:石川遼(578pt)
39位:松山英樹(480pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
遼、2日連続トラブルで予選落ち…マスターズへ次週ラストチャンス
【日本ゴルフ界再生計画】 苦境脱出のためにゴルフ界はどうすればいい?
各ツアーの賞金ランキングはここからチェック
ゴルフ好きな美女を日替わり更新!「今日の美ゴ女」
ギアに止まらない様々なゴルフ情報をお届け!