●ゴールデンタイム

(画像:「ゴールデンタイム」公式Webサイトより)
(C)竹宮ゆゆこ/KADOKAWA/おまけん

●キャスト
多田万里(ただ ばんり):古川慎
柳澤光央(やなぎさわ みつお):石川界人
加賀香子(かが こうこ):堀江由衣
林田奈々(はやしだ なな):茅野愛衣
佐藤隆哉(さとう たかや):比上孝浩
岡千波(おか ちなみ):木戸衣吹
NANA先輩(ななせんぱい):佐藤聡美
さおちゃん:後藤沙緒里
しーちゃん:伊藤静

●ストーリー
東京のとある私立大学の法学部に入学した主人公・多田万里は、入学式の後に行われる新入生オリエンテーションの会場である学部キャンパスへ移動中、道に迷ってしまう。
同じく道に迷ってしまった同学部の新入生・柳澤光央と出会い、意気投合した万里であった。なんとか目的の場所へ辿り着く目処がついたそのとき、2人の前に薔薇の花束を持った美女が現れる。
彼女は花束を光央の顔に何度も叩きつけた後、その花束を光央に渡し「入学、おめでとう」とだけ告げ去っていってしまう。スタイルも身につける物も全てが完璧な彼女・加賀香子は光央の幼馴染みで、幼い頃に光央と交わした「結婚」の約束の実現を夢見て、さまざまな形で光央を振り回してきた。
そんな香子から逃れるために、有名私立大学の付属高校からこっそり外部受験で現在の大学に進学してきた光央だったが、新入生オリエンテーションの会場でも香子は2人の前に現れる。香子もまた、光央を追って外部受験で法学部に入学してきたのであった。
●オープニング
学園祭、そこにやって来た多田万里の母。

多田万里の母「万里…。」
多田万里「ただいま。」

多田万里の記憶が戻り、同時に記憶を失ってから現在までの記憶が消えてしまいました。

それは加賀香子達にとって、今まで認識していた彼との別れを意味します。
●多田万里、実家に戻る!
静岡の実家に戻った多田万里。大学は休学、東京のマンションは引き払い、荷物を整理していると、彼のパソコンのメールアドレスが!

それを見てみると何故か昨日の日付で多田万里から加賀香子へメール送信をしている履歴が!しかもそれが何十通も!

多田万里「俺の騙りが俺の元彼女に復縁を迫るなんてありえないだろ!」

※その犯人は意外な人物だったようです。

大晦日、林田奈々が戻ってきたのですが多田万里の彼女に対する気持ちは高校卒業時から何も変わっていません。但し、彼女は大きく変化しているようですが…。

そして、もう一人、意外な来客が!
●記憶を落とした橋
加賀香子「こんにちは!」

但し、多田万里は加賀香子との記憶が全くありません。彼女はDVDを渡しに来たのですが、

多田万里「貴方、岡、岡千波でしょ!」
加賀香子「んん!」


林田奈々は彼が間違えているのを敢えて訂正せず、加賀香子もそのまま立ち去ります。

加賀香子「あの橋はどうしたら行けるのかな?」

そして彼女は去ります。

多田万里はコンパクトを開くと鏡が割れてしまいます。同時に彼の失われた加賀香子達との記憶が蘇ります。

記憶を落とした橋に着いた多田万里。そこには彼が記憶を失ったもう一人の彼と出会います。そして指輪を渡されて、

多田万里「香子!」
加賀香子「万里、あの約束、覚えてる?」

その約束とは…。言わなくても2人は分かっています。
●エピローグ
多田万里の偽メールの犯人は二次元君(佐藤隆哉)。彼が加賀香子を動かして多田万里を呼び戻すために仕掛けたものだったようです。

岡千波は柳澤光央と付き合うようになり、そして平凡な日常に戻る一同。

多田万里の失った記憶の穴は大きいけれど、それを埋めて余りある物を得たのは間違いないようです。

「ゴールデンタイム」、今回で終了です。

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「ゴールデンタイム」第23話「元通りにならない元通り」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ゴールデンタイム」第22話「引き際」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ゴールデンタイム」第21話「カミングアウト」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ゴールデンタイム」第20話「突然、記憶が戻る!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ゴールデンタイム」第19話「これがエッフェル塔?」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「ゴールデンタイム」TVアニメ公式Webサイト