●真実

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©小林 立/スクウェアエニックス・咲全国編製作委員会
<キャスト>
宮永 咲:植田 佳奈
原村 和:小清水 亜美
片岡 優希:釘宮 理恵
染谷 まこ:白石 涼子
竹井 久:伊藤 静
須賀 京太郎:福山 潤
神代小蒔:早見沙織
狩宿 巴:赤千夏
滝見 春:水橋かおり
薄墨 初美:辻あゆみ
石戸 霞:大原さやか
上重 漫:伊達朱里紗
真瀬 由子:佳村はるか
愛宕 洋榎:松田颯水
愛宕 絹恵:中津真莉子
末原 恭子:寿美菜子
小瀬川 白望:長妻樹里
エイスリン ウィッシュアート:水野マリコ
鹿倉 胡桃:豊田萌絵
臼沢 塞:佐藤利奈
姉帯 豊音:内田真礼
宮永 照:中原麻衣
弘世 菫:斎賀みつき
渋谷 尭深:豊口めぐみ
亦野 誠子:清水香里
大星 淡:斎藤千和
福路 美穂子:堀江由衣
池田 華菜:森永理科
辻垣内 智葉:日笠陽子
高鴨穏乃:悠木碧
新子 憧:東山奈央
松実 玄:花澤香菜
松実 宥:MAKO
鷺森 灼:内山夕実
赤土 晴絵:進藤尚美
福与 恒子:野中藍
小鍛治 健夜:後藤沙緒里
藤田 靖子:浅野真澄
天江 衣:福原香織
龍門渕 透華:茅原実里
井上 純:甲斐田裕子
国広 一:清水愛
沢村 智紀:大橋歩夕
東横 桃子:斎藤桃子
加治木 ゆみ:小林ゆう
福路 美穂子:堀江由衣
池田 華菜:森永理科
夢乃 マホ:小岩井ことり
室橋 裕子:藤堂真衣
花田 煌:新井里美
戒能 良子:田村睦心
赤阪 郁乃:野田順子
瑞原 はやり:田村ゆかり

●ストーリー
更なる高みを目指して―。

宮永咲(みやながさき)は高校一年生。奇跡的な麻雀を打ってのける(毎局プラスマイナスゼロで和了(あが)ることができる)美少女。原村和(はらむらのどか)の天才的な打ち方に感化され麻雀部に入部することを決意する。二人の天才美少女が全国大会の頂点を目指す。
熾烈な闘いの末、見事県予選を勝ち抜いた清澄高校麻雀部。全国の舞台で待ち受けていたのは同じく頂点を目指す強豪たちだった。果たして咲たちは全国の高みへたどり着くことが出来るのか。高校生雀士の頂点を決める闘いが今、始まる。

※第3期になります。
●オープニング
団体戦全国大会2回戦大将戦 南3局 点数状況
宮守女子高校:姉帯 豊音 91800
姫松高校:末原 恭子 86100
清澄高校:宮永 咲 116100
永水女子高校:石戸 霞 106000


南3局、東家の宮永 咲は2萬を大明槓するもののツモ切り。これにはどんな意図が?
●喰いずらしと見逃し
石戸 霞「和了するためでも手を進めるためでも無いとしたら、ドラを増やすためかしら?」
姉帯 豊音「槓ドラ?」
末原 恭子「狙いはドラやない。清澄の宮永 咲は槓でドラを乗せる事は殆ど無い。狙いは多分、ずらす事!」


宮永 咲が対面の姉帯 豊音から大明槓をする事によって、石戸 霞と姉帯 豊音の絶一門が一時的に崩れ、末原 恭子と宮永 咲の手が早く進むという効果を狙ったと推定したようです。

9巡目 北家 末原 恭子の手牌 ドラ1、四
四四六七八八2334455 ツモ七 打2

同じ巡目で石戸 霞が門前清一の聴牌を取るも、姉帯 豊音が打九(末原 恭子の7700の和了牌)とするのですが、見逃し!

末原 恭子「ツモ!4000,8000。」

四四六七七八八334455 ツモ六

結果的に宮永 咲が8000点を失うことになりますが、この和了で南4局開始時点で姫松高校が100点差ながら2位浮上!

宮守女子高校:姉帯 豊音 87800
姫松高校:末原 恭子 102100
清澄高校:宮永 咲 108100
永水女子高校:石戸 霞 102000

●終結
3位の永水女子高校:石戸 霞は和了すれば、2位通過。宮守女子高校:姉帯 豊音は12000ツモ又は16000和了条件。姫松高校:末原 恭子も和了で2位通過ですが…。

東家 石戸 霞の手牌
112333444赤5889 ツモ8 打9

2,5索で最低18000の聴牌。末原 恭子は手が遅く何も出来ない状態。姉帯 豊音の直撃を警戒しているものの、

宮永 咲「ポン!」

末原 恭子からの1萬をポン!そして同巡、

姉帯 豊音「ツモ条件だけど来たよ〜。」

赤五六七九(234466778) ツモ赤(5) 打九

ところが、

宮永 咲「(1萬)カン!」
宮永 咲「ツモ!400,800です。」

三三三五五(24789)カン一一一一 ツモ(3)

その結果、清澄高校と姫松高校が準決勝進出!

宮守女子高校:姉帯 豊音 87400
姫松高校:末原 恭子 101700
清澄高校:宮永 咲 109700
永水女子高校:石戸 霞 101200

●プラマイ0
宮永 咲の不自然な打ち方は、以前のプラマイ0を目指すスタイルによるもの。

※25000点持ち、30000点返しで考えると2半荘連続でプラマイ0になっています。それを考えると2位通過を操作したというより、偶然そうなったと考えるべきなのでしょう。

そう言えば対局終了後、石戸 霞は降ろしてきた恐ろしいものを狩宿 巴と滝見 春に祓ってもらいますが、

石戸 霞と滝見 春、全裸でおっぱ○丸出しじゃないか!

※永水女子高校は常におっぱ○丸出しの薄墨 初美といい、放送コードギリギリです!

石戸 霞「個人戦に出る小蒔ちゃんと初美は東京に残しておいて、みんなで海水浴と温泉に行きましょうか!」

薄墨 初美、涙目!

実際は全員で海水浴に行く事になったようです。

そして姉帯 豊音にサインを頼まれた神代小蒔は…。

神代小蒔「初めまして、このような感じでよろしかったでしょうか?」

姉帯 豊音にサインを渡した神代小蒔、既に浮き輪を準備して海水浴に行く気満々!結局、宮守女子高校も合同で海水浴に行く事になります。

「咲-Saki-全国編」、次回もお楽しみっ!

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「咲-Saki-全国編」第11話「宮永 咲、大明槓の意図」(ネタばれ注意)
【アニメ】「咲-Saki-全国編」第10話「姉帯 豊音、友引!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「咲-Saki-全国編」第9話「姉帯 豊音、背向(そがい)のトヨネ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「咲-Saki-全国編」第8話「薄墨 初美、鬼門と裏鬼門」(ネタばれ注意)
【アニメ】「咲-Saki-全国編」第7話「放送禁止レベル!」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「咲-Saki-全国編」TVアニメ公式Webサイト
「咲-Saki-全国編」AT-X公式Webサイト