「MT-09」

写真拡大

ヤマハ発動機は2014年4月10日、"クロスプレーン・コンセプト"に基づく新開発3気筒エンジンを搭載した「MT-09」、ABS標準装備の「MT-09A」を発売する。

徹底した軽量化設計

「ライダーのスロットル操作に対し、リニアなトルクを創りだすこと」を目指した設計思想「クロスプレーン・コンセプト」に基づいた、総排気量846ccの水冷・4ストローク・直列3気筒・DOHC・4バルブ・ダウンドラフト吸気FIエンジンを搭載。バルブ挟み角を26.5度と狭く設定することで、コンパクトな燃焼室を形成し、素早い燃焼による高トルクを引き出す。燃料供給には、YCC-T(ヤマハ電子制御スロットル)を採用。エンジン特性を3つのモードから選べる「D-MODE」を搭載する。

また、剛性バランスに優れ、個性的なボディーを形作るアルミダイキャスト製フレームや、強度バランスに優れたアルミ製テーパーハンドルを採用するなど、徹底した軽量化設計により、装備重量188キロの車重を達成した。

カラーは、オレンジ、バイオレット、マットグレーの3種類。

メーカー希望小売価格は、「MT-09」が84万9960円(税込)、「MT-09A」が89万9640円(同)。