いよいよ今月4月1日から実施された消費税増税。家計への影響が懸念される中、吉野家、松屋、すき家など、低価格で知られる牛丼大手チェーンも価格改定に踏み切りました。牛丼といえば税込み280円の価格でおなじみでしたが、増税後はすき家が270円、松屋が290円、吉野家が300円と、各社で差が出たことが話題になりました。

 吉野家や「松屋」のようにリーズナブルな値段でいつでもどこでも同じメニューを味わえる飲食チェーン店は、私達の生活には欠かせない存在となっています。しかし、ほとんど毎日のように利用はしていても、その歴史については詳しく知らない、という方が多いのではないでしょうか?

 そんな知られざる飲食チェーン店の1号店についてスポットを当てたのが、『全国飲食チェーン本店巡礼 〜ルーツをめぐる旅〜』著者のBUBBLE-B(バブルビー)さん。ラーメンチェーンとしておなじみ「天下一品」総本店で食べたラーメンの味に衝撃を受けたのを契機に、2004年ごろから1号店巡りを始め、ブログ『本店の旅』を開設。北は北海道から南は九州まで日本全国津々浦々、自腹で食べ歩いたというから驚きです。ストイックなまでのその姿勢は、まさに「巡礼」という言葉がぴったり。

 本書では、ブログに取り上げた記事のうちの48店舗を、広報の監修を受けたうえでご紹介。「吉野家 築地店」などメディアに取り上げられたことがある店舗はもちろんのこと、まるでアメリカのハンバーガーショップのような『フレッシュネスバーガー富ヶ谷店』、創業者のスピリッツが色濃く残る『カプリチョ―ザ渋谷本店』、ハードボイルド感満載の『プロント新宿西口店』など、料理の紹介はもちろんのこと、飲食チェーンのサクセスストーリーとしても読み応えがあるものに仕上がっています。

 渾身のルポを読み終えた後は、近くのお店に食べに行ってみたくなること間違いなし!普段よく利用するチェーン店の意外なドラマを、この機会にぜひ紐解いてみてはいかがでしょうか。

【関連リンク】
BUBBLE-Bさんブログ「本店の旅」
http://blog.livedoor.jp/hontennotabi/



『全国飲食チェーン本店巡礼 ~ルーツをめぐる旅~』
 著者:BUBBLE-B
 出版社:大和書房
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
実はカレーライスよりも歴史が深い? 「ハヤシライス」誕生秘話
まさにドラマ『ごちそうさん』の"め以子"! 女優中村メイコさんがこだわる料理方法とは?
TSUTAYAの由来はこの人? 江戸のヒットメーカー「蔦屋」に起業の極意を学ぶ


■配信元
WEB本の雑誌