<インドネシアPGA選手権 最終日◇30日◇ダマイ・インダ・ゴルフ>
 インドネシアにあるダマイ・インダ・ゴルフで行われている日本ツアーとワンアジアとの共催試合「インドネシアPGA選手権」。上位選手が伸び悩み混戦となった最終日。そんな中、首位と1打差の2位タイからスタートした松村道央が通算21アンダーまで伸ばし逆転で優勝を果たした。
「インドネシアPGA選手権」の結果はここから!
 3日間で2ボギーの安定感抜群のゴルフを見せていた松村だったが、この日の前半は1バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの苦しいゴルフを強いられ、15アンダーまで後退した。その悪い流れのまま後半に入ると突然の豪雨で約3時間の中断を強いられた。しかし、これが松村にとって転機となる。
 再開後すぐに11番でバーディを奪い1つ戻すと続く13番、14番で連続バーディ。これで首位と2打差まで縮める。15番を挟み、16番、17番でもバーディを奪い首位を捉えた。
 そして、首位タイで迎えた最終18番パー5。2オンを狙うがグリーンをオーバー。3打目のアプローチも寄せきれず微妙な距離を残した。しかし、最後は気合でねじ込みバーディ。土壇場で追い抜きアジアシリーズ初の日本人王者となった。
 その他の日本勢では岩田寛が通算16アンダーで6位タイ。白佳和が通算16アンダー8位タイ。さらに通算13アンダー17位タイには河野祐輝、上井邦裕、川村昌弘、武藤俊憲が入った。
【最終結果】
優勝:松村道央(-21)
2位T:ライン・ギブソン(-20)
2位T:パグンサン・ジュビック(-20)
4位:呉阿順(ゴ・アジュン)(-19)
6位T:岩田寛(-16)他
8位T:白佳和(-15)他
17位T:河野祐輝(-13)
17位T:上井邦裕(-13)
17位T:武藤俊憲(-13)
17位T:川村昌弘(-13)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
松村道央が首位と1打差、2014年初戦Vを狙う!
渡邉彩香が劇的イーグルで逆転V!“こだわりの”3鉄で勝利を引き寄せる
LIVE PHOTOで「アクサレディス」最終日を振り返る!
ゴルフが好きな美人が集合 美ゴ女を見てね
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」