18番でチップインイーグル!劇的な幕切れに(撮影:ALBA)

写真拡大

<アクサレディス 最終日◇30日◇UMKカントリークラブ(6,470ヤード・パー72)>
 この結末を予想できた人はそうはいないだろう。
渡邉彩香の1打速報で今日のプレーを振り返る!
 宮崎県のUMKカントリークラブで開催された国内女子ツアー第4戦「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」の最終日。首位から出た藤田幸希は前半ショットが切れ1つダブルボギーがあったものの、5つのバーディを奪取し後続を突き放す。追う2位の渡邉彩香は1番でティショットを池に入れボギーとするなど、前半はイーブンパー。ハーフターン時には差は4打に広がっていた。
 このまま藤田が逃げ切るかと思いきや、藤田は後半14番からズルズルとスコアを落とし流れは渡邉に。終盤の16番パー3でティショットをピン右5メートルにつけバーディを奪うと、続く17番ではバンカーからのセカンドショットを約1.5メートルにつけさらにスコアを伸ばしていく。
 最終18番を迎えた時点で差は1打、渡邉はティショットをドライバーでフェアウェイに置くと、ピンまで残り219ヤードのセカンドを3番アイアンでグリーン左まで持って行く。「ここを狙っていた」という渡邉は約20ヤードのウェッジでのアプローチがカップに吸い込まれチップインイーグルを奪取。藤田はボギーとし、トータル13アンダーで渡邉が逆転で待望のツアー初優勝を挙げた。
 昨日も18番でチップインバーディを奪っていた渡邉。「今日のほうが奥でしたが雰囲気は同じでした。イメージは良かったですね」と連日のチップインで劇的な幕切れを演出。前半では「厳しいんじゃないか」と心が折れそうになったが、ハーフターン時に「まだ半分ある。少しでも差を縮めよう」と決心。それからは攻めの姿勢を貫き、最後は中学3年から使い始め「こだわりがある」という3番アイアンで優勝を引き寄せ、オフの間に磨いたアプローチで栄冠をつかみとった。
 次の目標は「やっぱり2勝目をしたいな」、そして最終目標は「オリンピックでメダルを獲ること」だという。アメリカツアー挑戦も考えているという渡邉、これからが本当に楽しみな大型プレーヤーが大きな一歩を踏み出した。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
柏原明日架が3位に浮上、史上4人目のアマ優勝なるか
藤田幸希が単独首位に!“大きな悩み”が消え3年ぶりの優勝に王手
LIVE PHOTOで「アクサレディス」最終日を振り返る!
ゴルフが好きな美人が集合 美ゴ女を見てね
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」