大阪POP公式キャラ「ミオ&ツクシ」決定。最優秀賞は専門学校1年生

写真拡大 (全7枚)

大阪観光局は3月28日、インバウンド増加に向けた取り組み「大阪ポップ(OSAKA-POP)」の公式キャラクター「ミオ&ツクシ」の最優秀賞と国際クールジャパンアワード「アートコスプレ部門」の最優秀賞を大阪府庁本館・正庁の間で発表した。

「ミオ&ツクシ」と「アートコスプレ」は昨年11月に世界公募をしたところ、それぞれ20ヶ国から678点の応募、15ヶ国から354点の応募があった。

「ミオ&ツクシ」の最優秀賞に選ばれたのは専門学校1年生の山本美和(大阪府)の作品。「活発なミオちゃんと、おとなしいツクシちゃんというコンセプトで作りました」と山本は話す。「アートコスプレ」の最優秀賞にはロシアのアントニーナ(Antonina)の作品が選ばれた。

「ミオ&ツクシ」の選定にあたっては、リム・カーワイ(監督・脚本・編集・プロデューサー)、藤本憲一(武庫川女子大学教授)、黄瀬和哉(アニメーター、作画監督、アニメ監督)、吉田徹さん(アニメーター)、北西祐介(インテリジェントシステムズ広報)、神澤孝宜さん(宝塚大学教授)が審査員を務めた。「予想を越える応募総数で、選考が大変だった。優秀賞の選考理由はイラストとして、アニメーションのキャラクターとしえ、コスプレしやすさなどの要素のバランスを考えて選考した」と講評を添える。

今回、最優秀賞に選ばれた山本の「ミオ&ツクシ」は大阪POP公式キャラクターとして大阪POP公式サイトやそれに付随したウェブメディアに使用され、更にはアニメーション化やキャラクターグッズ化なども想定される。

昨年4月に創設された大阪観光局は、2020年までの7年間で海外から大阪への観光客数を現在の260万人から650万人へと拡大することを目指している。また、昨年11月1日に立ち上げた公式ウェブサイトは3ヶ月半の間に、世界91ヶ国から7万2,844件の訪問者数があった。