(C)ANOHANA PROJECT

写真拡大

西武鉄道は2014年3月31日から、埼玉県秩父市を舞台とした青春アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(通称「あの花」)をイメージしたデザインを施した「『あの花』ラッピング電車」の運行を、池袋線・秩父線で始める。

この電車は、13年夏に公開された映画「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の公開後も、秩父エリアに多くの「あの花」ファンが絶えず訪れ、作品のロケ地をめぐる「聖地巡礼」を楽しんでいることから誕生した。4000系車両1編成に、「あの花」と秩父の四季をイメージした、号車ごとに異なるラッピングが施されている。