shupua

写真拡大

信越ポリマー(東京都千代田区)は2013年、ガラスのような透明性を持つ、柔らかいシリコーン製のコップ&グラス「shupua(シュプア)」を発売した。シリコーンゴム加工における最先端技術により、ガラスのような透明な製品化が実現したもの。発売以来さまざまなメディアでも取り上げられ、今なお話題の商品だが、その使い心地はどうだろう。

美しいデザイン性と嬉しい機能性

「思っていたとおりキレイなグラスでした」
「本当にぱっと見はガラスのコップに見える」

インターネットショッピングサイトの楽天市場にはコップ・グラス合わせて、喜びのレビューが多数。「ガラスコップのような透明感」など、その見た目の美しさに特長があるようだ。

また、「子供やお年寄りにも破損の心配なく使ってもらえるのも安心感があります」と、シリコーン製という点にも多数の"支持"の声が挙がっている。

「飲み口のエッジが立ち過ぎな感じがします」「この透明感がいつまでもつのか若干不安」など、逆にシリコーン製であるがゆえの不安をもらす意見も見受けられるが、「熱湯を入れても熱を遮断してくれます」「割れる事がないので小さい子供がいるご家庭には良いのではなかろうか」と、同素材ならではの利点を支持する声が多い。

公式サイトによると耐熱温度は200度、耐冷温度はマイナス30度で、電子レンジ・冷凍庫での使用が可能。研磨剤が入った洗剤の使用を避ければ、食洗機の使用も可能とうれしい機能性だ。

値段が「高い」との意見もあるが、「それに見合うものだと思います」「所有する喜びがあるグラス」との声も多い。

公式ショップサイトより、グラスはクリア、クリアブルー、クリアグリーンの計3色で、各2200円(税別)。

コップはグラスと同様の3色にホワイト、ブラック、オレンジ、レッド、グリーン、ブルー、イエロー、パープルを加えた計11色で、各1800円(同)。