「サントリー 和膳」

写真拡大

サントリー酒類は2014年4月8日、"和食専用の生ビール"として「サントリー 和膳」を全国発売する。

独自の「繊細うまみ製法」採用

「自宅で、ビールも食事もゆっくりと味わって楽しみたい」という声に応え、日本の伝統的な食文化である「和食」と一緒に楽しんでもらうことをコンセプトに開発した。

良質な素材選びから、素材のうまみをひとつひとつ丁寧に引き出す仕込み工程まで徹底的にこだわった、「和膳」独自の「繊細うまみ製法」を採用。焙煎麦芽やダイヤモンド麦芽など、厳選した計5種類の粒選り麦芽を使用したほか、最適な温度管理のもとで、麦芽のうまみをひとつひとつ丁寧に引き出す「高温糖化製法」、深みのある味わいを引き出すために、ひと手間かけて麦汁を煮沸する「デコクション製法」により、和食の味わいを引き立てる、繊細なうまみとやさしい口当たりを実現した。

容量別に、レギュラー缶(350ミリリットル)、ロング缶(500ミリリットル)、ミニ缶(250ミリリットル)の3種類がある。