トップとは1打差で明日は優勝を狙う松村道央(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<インドネシアPGA選手権 3日目◇29日◇ダマイ・インダ・ゴルフ>
 インドネシアにあるダマイ・インダ・ゴルフで開催中の日本ツアーとワンアジアとの共催試合「インドネシアPGA選手権」。大会3日目は、多くの選手がスコアを伸ばすムービングデーとなった。そんな中、日本の松村道央がこの日6バーディ・1ボギーの“67”をマーク、5つ伸ばし通算17アンダーの2位タイに浮上した。
「インドネシアPGA選手権」のリーダーズボードはここから!
 予選2日間で1ボギーと抜群の安定感を誇る松村は、前半3バーディ・1ボギーと危なげないゴルフを展開。後半ではノーボギーのゴルフで順調にスコアを伸ばした。そして最終18番パー5ではティショットを曲げ右ラフに入れるトラブルとなるも、そこは松村、きっちりリカバーリーし、2打目を花道に置く。すると3打目ではあわやチップインという絶妙なアプローチで10cmによせ、最後はタップイン。バーディフィニッシュで3日目を終えた。
 今大会、3日間で2ボギーと安定感抜群のゴルフを見せる松村。最終日もその安定したゴルフを武器に逆転Vを狙う。
 その他の日本勢ではこの日バーディラッシュを決め8つ伸ばした武藤俊憲と5つ伸ばした小平智が通算13アンダーで並び6位タイ。続く通算12アンダー8位タイに川村昌弘が入った。
 また、昨日首位タイにつけた時松隆光はこの日2つ落とし通算11オーバー10位タイに後退。その他10位タイには上井邦裕、岩田寛もつけた。
 ちなみに通算18アンダーで韓国のパク・サンヒョンが単独首位に立っている。
【3日目の結果】
1位:パク・サンヒョン(-18)
2位T:松村道央(-17)
2位T:パグンサン・ジュビック(-17)
4位:呉阿順 (ゴ・アジュン)(-15)
5位:ソン・ヨンハン(-14)
6位T:小平智(-13)
6位T:武藤俊憲(-13)
8位T:ノリス・ジェーソン(-12)
8位T:川村昌弘(-12)
10位T:時松隆光(-11)
10位T:上井邦裕(-11)
10位T:岩田寛(-11)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
遼、2日連続トラブルで予選落ち…マスターズへ次週ラストチャンス
LIVE PHOTOで「アクサレディス」2日目を振り返る
最終日アジアの猛追で引き分けに持ち込む!
ゴルフが好きな美人が集合 「美ゴ女」を見てね
女子プロの私服も公開!「写真館」