藤田、今季はパットが好調!(撮影:ALBA)

写真拡大

<アクサレディス 2日目◇29日◇UMKカントリークラブ(6,470ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」の2日目。1打差の2位から出た藤田幸希がこの日5バーディ・ノーボギーの“67”をマーク。スコアを5つ伸ばしトータル10アンダーで単独首位に浮上した。
LIVE PHOTOで大会2日目を振り返る!
 雨が降ると「集中力がまして、ミスにも寛容になる」という藤田は悪天候の中でもしっかりバーディを量産。5番で7メートルを沈めバーディを奪うと8番パー5から連続バーディを奪取。後半でも16番で1.5メートル、17番パー3では約2メートルを入れて終盤に伸ばし最高の位置で最終日に駒を進めた。
 藤田はこれまでツアー通算5勝、最後に勝ったのは2011年の「富士通レディース」でここ3年ほど優勝から遠ざかっている。その原因は「短いパットが怖くて打てなくなってしまって。ある意味イップスだったんです」。2年間パットに悩み続けていたが、先輩たちの話を聞きつつ自分でも試行錯誤し「こんな感じかな、というのが先週分かった。それから安定しました」とようやく出口をみつけた。
 それは精神面での変化が大きく、「マイナス志向の自分を受け止めること」。「こんだけドキドキしながら打ってるから外れたぐらいどうでもいいかなと」と考えると気が楽になりそれまで「イヤでしょうがなかった」パットも今は楽しく感じられているという。
 2位とは2打差。最終日は「ここ2年苦しんだことと比べたら、楽しめると思う」と優勝争いも楽しむ考えだ。昨年はギリギリでシード権を獲得、「エリエールレディス」では人目をはばからず号泣した。今週は待望の6勝目を挙げ、完全復活で嬉し涙となるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
森田理香子は17位タイに後退「また一から頑張ります」
春の椿事!?アクサレディス初日に2人の選手がホールインワン
柏原明日架が3位に浮上、史上4人目のアマ優勝なるか
ゴルフが好きな美人が集合 「美ゴ女」を見てね
女子プロのかわいい私服姿を公開!「写真館」はここから!