喫煙規制で小児喘息等、1割減

ざっくり言うと

  • 早産や小児ぜんそく発作の救急治療の割合が1割以上減った、との調査結果が発表
  • 「公共の場や職場での喫煙を規制したこと」が理由だと説明
  • 受動喫煙の被害を受けやすいのは子供だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング