ラフのすぐそばに群生するサボテン 入れれば即トラブルだ(Photo by Darren CarrollGetty Images)

写真拡大

<バレロ・テキサス・オープン 2日目◇28日◇TPCサンアントニオ(7,435ヤード・パー72)>
 米国男子ツアー「バレロ・テキサス・オープン」の2日目。順延となった第1ラウンドの続きと第2ラウンドが行われ、2オーバーの79位タイからスタートした石川遼は、2バーディ・4ボギー・1ダブルボギーの“76”で4つスコアを落としてトータル6オーバーフィニッシュ。巻き返しはならず予選落ちとなった。
【日本ゴルフへホリエモンの提言】日本だけで商売をしようとするからいけない
 初日は1番でトリプルボギーを叩きスコアを落としたが、この日は1つスコアを落として迎えた14番でトラブルに見舞われた。ティショットを大きく左に曲げると、ネイティブエリアを渡り歩いた末に3打目にペナルティを受けてパー5で6オン。約3メートルのパットは沈めて連日のトリプルボギーは免れたものの、ここをダブルボギーとした。
 悪い流れは止まらず、続く15番も短いパーパットを決めきれずボギー。さらに16番パー3もティショットでグリーンを外すとパーセーブできずボギーとし、終盤の勝負所でカットラインが一気に遠のいた。
 これで、マスターズまでは「シェル・ヒューストン・オープン」を残すのみ。次週がラストチャンスだ。
【2日目の順位】
1位:スティーブン・ボウディッシュ(-8)
2位T:チャド・コリンズ(-7)
2位T:アンドリュー・ロウぺ(-7)
4位T:キャメロン・ベックマン(-5)
4位T:パット・ペレス(-5)
6位T:ダニエル・サマーヘイズ(-4)
6位T:ケビン・ナ(-4)
6位T:フレデリック・ヤコブソン(-4)
予選落ち:石川遼(+6)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【日本ゴルフ界再生計画】 苦境脱出のためにゴルフ界はどうすればいい?
遼も疑問…国内男子ツアー出場義務試合数改定
森田理香子2連勝へ好スタート!1打速報ですべてを見る