写真提供:マイナビニュース

写真拡大

電子書店パピレスが運営する海外ユーザー向けマルチデバイス対応電子書籍サイト「電子貸本Renta!」(英語版)が、3月26日よりクレジットカードでのドル決済を導入した。

ドル決済の導入は、海外ユーザーから寄せられたリクエストに応えて実現。「電子貸本Renta!」で電子書籍の購入に必要なプリペイドチケットを、クレジットカードを使って1チケット1ドル(税抜)で購入できるようになった。クレジットカードは、VISAとMasterCardに対応。また、ドル決済導入とあわせて、海外ユーザーがより使いやすくなるよう、サイトリニューアルも実施している。

パピレスは、2011年9月より「電子貸本Renta!」の英語版サイトをオープンし、海外のユーザー向けに日本の漫画を提供している。「電子貸本Renta!」(英語版)は、海外のユーザーでも、PCのほか、iPhone、iPad、Kindle Fire、Nexus7など、さまざまな端末のインターネットブラウザ上でコンテンツを閲覧することが可能。英語版サイトでは、英語翻訳版コンテンツの拡充にも力を入れ、版元が持つ英語版コンテンツを入荷するだけでなく、許諾を得たコンテンツの翻訳制作も行っているという。