「ワタシの、センタク。」プロジェクトウェブサイトをオープン

写真拡大

ジェネリック医薬品の製造・販売を行う東和薬品は2014年3月27日、「ワタシの、センタク。」プロジェクトのウェブサイトをオープンした。同プロジェクトは生活、健康、キャリアなど、さまざまな人生の"センタク"を迫られる50代前半を主な対象に、参考となる情報コンテンツの提供や、イベントの開催などの活動を通じて、彼らの"センタク"を応援するもの。サイトはこうしたコンセプトに基づき、訪れた人たちのそれぞれが「センタク。」を楽しめる内容になるという。

「生き方の、センタク。」「あのひとの、センタク。」「今日の献立を、センタク。」「行き先を、センタク。」「東和薬品の、センタク。」など、"センタク"にまつわるコンテンツを用意。情報提供のほか、ユーザーから投稿された内容をプロの漫画家がコンテンツ化するコーナーも設ける。

超高齢社会を迎える日本では医療費抑制は避けて通れない急務であるにもかかわらず、より低価格なジェネリック医薬品の普及率が40%にとどまり、米国での90%などに比べると非常に低いのが現状。東和薬品では、ジェネリック医薬品の活用選択が今後、社会に大きな役割を果たすものとして、それに貢献させるため「ワタシの、センタク。」を企画した。