写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイナムコゲームスより2014年5月15日の発売が予定されているプレイステーション 3向けアイドルプロデュース『アイドルマスター ワンフォーオール』。今回は、本作で採用される新たな「メインプロデュース画面」や、アイドルたちのプロデュースストーリーの一部を紹介しよう。

○これが新たなメインプロデュース画面だ!

本作では、このプロデュース画面を起点に毎週のプロデュースを行っていく。アイドル、そしてプロデューサーの様々なステータスがひと目で分かるほか、中央部には「お仕事」や「レッスン」など様々な活動項目が並んでいる。更に事務所でのアイドルの日常も覗くことができる。

画面左下では「プロデューサー情報」がチェックできる。本作ではシーズン目標をクリアしていくことで「プロデューサーランク」が上昇していき、プロデュースできるアイドルの人数や、楽曲などが増えていくのは既報の通り。さらに、画面を見ると「記者」や「お守り」といった、お馴染みの要素も見て取れる。プロデューサーとして自ら成長し、アイドル達をより良く活躍させてあげられるより良い活動環境を用意していこう。

一方、画面右上は「ユニット(アイドル)情報」。アイドルは、メインでプロデュースするアイドルを「リーダー」とし、他のパートナーアイドルを加えた「ユニット」で活動していく。ユニットとして参加するキャラクターの能力の合算値がユニットの能力値となる。レッスンによって一時的に上昇する各種パラメータのブースト効果もここで確認できる。

プロデュース画面に並ぶ各種活動。本作では「お仕事」を一つこなすことで一週間が経過するが、それ以外では時間は進行しない。つまり、本番の「お仕事」に向けて、自由に「ふれあい」でコミュニケーションを取ったり(マニーを消費しながらも)「レッスン」でアイドルのコンディションを高めたりできる。自分なりの活動方針でプロデュースを楽しもう。

■「お仕事」オーディション、ライブ、フェスなどの様々なステージ仕事をこなそう。プロデューサーのランクが上がると出来る仕事の幅も増える。

■「アイドル」現在プロデュースしているアイドルの能力が確認できる他、アイドルのコーディネートやスキル(次項参照)の取得もここから行う。

■「レッスン」ボーカル、ダンス、ビジュアルを向上させるレッスンを受ける。本作ではその効果は一時的なものになるので、効果が切れる前に、マニーと相談し、定期的にレッスンしよう。

■「ふれあい」アイドルとコミュニケーションをとろう。結果に応じて思い出ポイントが高まっていき、ステージお仕事で使用できる「思い出アピール」の回数が増えていく。

■「ショップ」様々な衣装やアクセサリーを購入できる。特定の条件を満たすと開店するレアなショップも存在する!?

■「Pデスク」Pデスクでは、ステージで使用する楽曲を選んだり、メインで活動している以外のアイドルの活動方針を指示したりできる。シーズン目標の達成度もチェックしよう。

○新要素「スキルボード」でアイドルの能力を覚醒

本作では、アイドルのボーカル・ダンス・ビジュアルの3つの基本イメージを向上させるものとして、お仕事で得たEXPによって上がる「Lv.」と、一時的に能力を上げる「レッスン」に加え、レベルアップやアイドルランクのアップによって得られる「sp」を消費して獲得できる「スキル」という要素が存在する。

スキルは「スキルボード」に配置されており、取得したスキルに隣接したマスのスキルのみ取得することができる。その枠はアイドルランクによっても解放されていく。スキルには、「ボーカル」「ダンス」「ビジュアル」といった基礎パラメータを上げるものだけでなく、ボルテージゲージの増加量アップや、思い出アピールの強化など、特別な効果を付与するものもある。更にそのアイドル独自のスキルも存在するようなので、アイドルを成長させるために、スキルの取得は重要な要素になる。

「sp」はLv.アップやアイドルランクのアップによって増加する。必要なspを消費して新たなスキルを取得しよう。

■ライバルもスキルを駆使してくる!?フェスのライバルの中には、スキル効果のあるバーストアピールを使用してくる相手も!? それに対してライバルのアピールをカウンターで無効化するスキルもあるとか……? フェス対策やユニット編成においてもスキルは重要な役割を果たすことになりそうだ。

○新たなプロデュースストーリーを紹介!

13人13色に展開する新たなプロデュースストーリーの一部を紹介! 今回は美希、律子、亜美、真美の物語をチェックしよう。

潜在能力が無限! が、ヤル気ない(?)肉食女子◎星井美希「世界は……変わる? 本当?」

アイドル活動が思ったほどラクじゃないから、とプロデュースを始める前から辞めようとする美希。やる気を引き出し、溢れんばかりの才能を開花させるため、プロデューサーの悪戦苦闘が始まる。美希のためにとプロデューサーが用意した『ゴホウビ』の数々は、いまひとつ喜ばれないものの……?

765プロに必要不可欠! 事務員兼アイドル◎秋月律子「トップアイドル目指して、頑張りますよ。……ええ、頑張りますとも!」

マネジメント志望で765プロに入社したものの、人手不足のため、事務員兼任アイドルとして活動していた律子。そんな自分を立派なアイドルとして成長させていくプロデューサーの手腕に、律子はすっかり感心しながらも……?

双海姉妹のカッコイイ系! ヘロモン美女 by 真美◎双海亜美「なんかマスコミ屋さんが取材に来るような亜美のスゴいニュースはないの、兄ちゃん!?」

亜美と真美、双子のアイドルがデビュー! ……そう発表した時が自分達のピークだったと落ち込む亜美は、その時以上のビッグニュースで世間を騒がせるため、トップアイドルを本気で目指し始める。どこか本末転倒にも思える、亜美の野望の行方は……?

双海姉妹のカワイイ系! まぶしすぎる美女 by 亜美◎双海真美「アメリカ生まれのロンドン育ちの不思議ちゃんで、えっと……、それから……なんだっけ?」

双子の姉妹である亜美と真美は、アイドルとしてキャラが被っているから、仕事も少ない……! 正しいと言えなくもない心配をしていた真美は、自分と亜美との違いを際立たせるようプロデューサーに頼み込む。いつの間にか『アチマカ計画』と名づけられた、その計画の行方は……?

○『アイドルマスター公式Twitter』スタート!

本日より、『アイドルマスター公式Twitter』(@imas_official)が開始。アイドルマスター公式ブログの更新情報がいち早くツイートされるので、ぜひフォローしておきたい。

(C)窪岡俊之 (C)NAMCO BANDAI Games Inc.※画像写真やイラストはすべて開発中のもの