【佐古賢一のカットインNBA】

 レギュラーシーズン終盤となった3月18日、ニューヨーク・ニックスの球団社長にフィル・ジャクソンが就任した。フィル・ジャクソンといえば、1990年代にシカゴ・ブルズの監督として2度のスリーピート(3連覇/1991年〜1993年、1996年〜1998年)を達成した後、1999年よりヘッドコーチを務めたロサンゼルス・レイカーズで3連覇(2000年〜2002年)、2連覇(2009年〜2010年)を成し遂げた人物。計11度の優勝を誇る、まさに「伝説の名将」だ。現役時代もニックスで2度の優勝を経験しているNBA界の巨匠が、今度は社長として古巣に帰ってきた。1973年以来、長らく優勝から遠ざかっている古豪ニックスの「救世主」となるのか。「ミスター・バスケットボール」こと佐古賢一氏に、ニックスの現状と今後について話を聞いた。

 昨シーズン、ニューヨーク・ニックスは久しぶりに大きく飛躍しました。レギュラーシーズン54勝28敗で19年ぶりの地区優勝を果たし、イースタン・カンファレンス2位でプレイオフに進出。さらにカンファレンス準決勝まで駒を進め、ニックスファンを大いに喜ばせてくれました。躍進の原動力となったのは、自身初となるNBA得点王に輝いたスモールフォワードのカーメロ・アンソニーです。カーメロが得点を奪いまくり、センターのタイソン・チャンドラーがインサイドを制圧。また、シックスマンのJ.R.スミスがしっかりと仕事をこなすなど、攻守に渡ってバランスの良いバスケットを披露していました。

 しかし今シーズン、残り10試合を残して30勝42敗(3月27日現在)。イースタン・カンファレンスで9位に沈み、プレイオフ進出は厳しい状況にあります。なぜ、こんなにも下位に低迷してしまったのか――。原因のひとつは、シーズン前半戦にチャンドラーやアーマレ・スタウダマイアーなどの主力選手をケガで欠いたことでしょう。インサイドに強いセンターのチャンドラーとパワーフォワードのアーマレを失ったことで、ニックスはアウトサイドからの攻撃が多くなってしまいました。その結果、ニックスは3ポイントシュートばかりを狙う「3ポイントチーム」になってしまったのです。昨シーズンとまったく違うスタイルになったことが、競った試合で勝ち切れなかった要因ではないでしょうか。

 3ポイントシュートでゲームを構築していく戦法は、非常にリスクが伴います。成功率40%以上なら勝てるが、30%前後だと負ける......。そんなギャンブルバスケットを続けると、4連勝した直後に5連敗、その後に3連勝しても7連敗と、勝敗が非常に荒れてくるのです。3ポイントで得点を稼ぐことも大事ですが、絶対的エースであるカーメロに安定してボールを集めないと、高い勝率をキープするのは難しいでしょう。カーメロをどのタイミングで、どのように動いてもらうのか、チャンドラーやアーマレら主力を欠いたときの意思疎通がチーム内で統一できていなかった印象です。ただ、ニックスを率いるマイク・ウッドソンHC(ヘッドコーチ)も辛い立場だったと思います。カーメロひとりに負担はかけられないだろうし、何よりニックスの支えとなっていたインサイドが弱くなってしまったのですから。

 しかし、チャンドラーやアーマレがコートに戻ってきてからは、昨シーズンのような強さを取り戻しつつあります。最近は8連勝と好調をキープし、3月19日にはイースタン・カンファレンスで首位を走るインディアナ・ペイサーズをホームで撃破しました。なにより、このペイサーズ戦には、社長に就任したばかりのフィル・ジャクソンが初めて試合観戦に訪れたのです。彼の登場で、ニックスの本拠地マディソン・スクエア・ガーデンの雰囲気はガラッと変わりましたね。

 フィル・ジャクソンの社長就任によって、特にチームリーダーであるカーメロの顔つきが変わったように感じました。その結果、ペイサーズ戦でのカーメロは34得点の大活躍。また、調子の上がらなかったアーマレも21得点を奪い、さらにチャンドラーも14リバウンドをマークしたのです。久しぶりに「ニックス版ビッグ3」が揃って大爆発しました。

「ビッグ3」が噛み合ったときのニックスとは、どのチームも対戦したくないでしょうね。それほど、ペイサーズ戦では強烈な破壊力を披露してくれました。特に良かったのは、カーメロとアーマレの関係性です。プレイスタイルが重なるため、昨シーズンの両者はコート上で場所の取り合いをしていました。しかし今シーズンは、アーマレをコーナーポジションに置くことで、カーメロがプレイしたいエリアを広げています。逆にアーマレをポストに入れるときは、逆サイドのコーナーにカーメロを配置するなど、ウッドソンHCは両者の動きをうまく整理したようですね。

 まだ今シーズンは終わっていませんが、フィル・ジャクソンの社長就任は早くも選手に好影響を与えていると思います。ヘッドコーチとしてチームを11度もNBAチャンピオンに導いているのですから、まさに選手にとっては神様のような人物です。そんな「伝説の名将」が目の前にいるのですから、プレイを見てもらいたい、評価してもらいたい、という気持ちにもなるでしょう。NBA歴代最高の勝率70.7%を誇る名将がどんな手腕を振るうのか、フィル・ジャクソンの動向が今から楽しみです。

 あくまでも想像ですが、フィル・ジャクソンはかなり大胆な改革を行なうのではないでしょうか。シーズン中、カーメロのトレード話が浮上しましたが、個人的には反対です。彼はニックスに残すべきだと思います。となると、サラリーキャップを考えれば、放出するのは高額年俸のアーマレでしょうか。まだ契約が残っていますが、フィル・ジャクソンならバッサリとアーマレを切るような気がします。また、ガード陣のテコ入れも十分に考えられるでしょう。ポイントガードのレイモンド・フェルトンはとてもいい選手なんですが、プロ3年目のイアン・シャンパートや、ルーキーのティム・ハーダウェイJr.など、スピード豊かな選手を活かし切れていません。フェルトンをバックアップにして、もうひとり、ウイングタイプの選手を使いこなせるポイントガードを補強するのも面白いと思います。

 フィル・ジャクソンがこれまで歩んできた道のりは、同じ1945年生まれの名将パット・ライリーと非常に似ています。ライリーは現役時代にロサンゼルス・レイカーズで優勝を経験し、ヘッドコーチとして5個のチャンピオンリング(レイカーズ=1982年、1985年、1987年、1988年/ヒート=2006年)を手に入れ、現在はマイアミ・ヒートの社長としてNBAを牽引しています。ライリーがヒートの社長に就任したことによって、あのチームは生まれ変わりました。果たしてフィル・ジャクソンも同じように、社長としても成功を収めることができるのでしょうか。僕は必ず、低迷の続く名門ニックスを甦(よみがえ)らせてくれると信じています。

佐古賢一●解説 analysis by Sako Kenichi