NFCカレンダー4-5月号表紙

写真拡大

1950年代に作られた日本のカラー映画の上映イベント『日本の初期カラー映画』が、4月8日から東京・京橋の東京国立近代美術館フィルムセンター2階大ホールで開催される。

【もっと写真を見る】

カラー映画を制作する試みは映画の草創期から行われており、1930年代以降には海外でカラー映画方式が登場。日本では戦後「コニカラー」「フジカラー」という国産カラー映画方式が開発されたほか、海外の新たな方式も複数到来し、1950年代に現実の色を忠実に再現する「天然色」化が実現した。

同イベントでは、日本映画が本格的に色彩を獲得し始めた1950年代に制作された57本の作品を上映。国内外の多様なカラー方式やカラーフィルムに加え、様々な監督のカラー映画への取り組み、記録映画とアニメーションにおける色彩の探究などを紹介し、映画における色彩の役割を見直すことのできる企画になるという。上映作品は木下恵介監督の『楢山節考』、衣笠貞之助監督『地獄門』、溝口健二監督の『楊貴妃』など。詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。