三浦貴大

写真拡大

学校づくりに奔走する元高校教師の自伝小説をもとにした映画『サムライフ』が、2015年に公開される。

【もっと大きな写真を見る】

同作では、理想とする教育現場を作るために高校を退職した長野・上田出身の教師・ナガオカが、「生き方を学ぶ学校」を作るために元教え子らと奮闘する姿が描かれる。学校を設立する資金集めのためにショットバーを経営し、出版社までも自身の手で立ち上げたナガオカの豪快なサクセスストーリーを追いながら、現在の教育現場に警鐘を鳴らす内容になるという。

「侍学園スクオーラ・今人(いまじん)」を設立した実在の人物・長岡秀貴をもとにした主人公のナガオカ役を三浦貴大が演じるほか、ナガオカの夢を共に叶える侍学園メンバーに松岡茉優、加治将樹、柾木玲弥、山本涼介が名を連ねている。監督は、『THE3名様』シリーズや映画『しあわせのパン』『コドモ警察』などのプロデュースを務めた森谷雄。

■三浦貴大のコメント
まずはこの作品に参加させていただくことになり大変嬉しいです。ナガオカという人物の、情熱や苦悩を一つ一つ丁寧に表現していけたらと思います。実はナガオカのようなキャラクターはこれまで演じることが少なかったので、自分でも非常に楽しみです。多くの人に愛される作品にするため、この映画に携わる人間の中のひとりとして持ちうる限りの力を注ぎ込めたらと思います。

■森谷雄のコメント
20年以上プロデューサーを続けた自分ですが、最初で最後の映画監督業のつもりで撮影に臨もうと思います。6年前に出会った原作に惚れて、ずっと長岡先生役を演じられる俳優を探し続けて、ついに三浦貴大さんに出会うことが出来ました。夢は叶う!というメッセージと共に熱い作品にしようと思います。

■原作者・長岡秀貴のコメント
もう十年も前の話なのにそんな気がしないほどあっという間に月日は流れた。それでもこの映画で表現される人間の生き様は平凡で経験もない若輩者たちが誰かの為に生きるとは何かを命をかけて探している姿であり自分の居場所を探し続けている姿である。この国にある闇はこの「居場所」を見つけることでほとんどが光に変わっていくのではないかと思えたりする。この映画がこの国の人々の「幸せ」に少しでも貢献できれば原作者として幸いである。こんな人間の人生の一辺を映画という芸術文化にして頂けたこと、心から感謝しています。