日本を代表する経営者として双璧をなすのがソフトバンクCEOの孫正義氏(56)と衣料チェーン「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングCEOの柳井正氏(65)だ。

 今年3月、米経済誌フォーブスが発表した世界長者番付によると、孫氏の資産は184億ドル(約1兆8700億円)で日本人1位。柳井氏は日本2位で179億ドル(約1兆8200億円)。

 世界が認める2人の経営者、孫氏と柳井氏の「人付き合い」に対する考え方は対照的。孫氏を語る上で避けては通れないエピソードが、16歳のとき、日本マクドナルド社長だった藤田田氏に会いに行った話だ。

 孫氏は藤田氏の著書を読んで感激し、何のツテもないのに何度も「会わせてくれ」と秘書に電話し、「3分でいいから」と頼みこんだ。神戸大学経済経営研究所リサーチフェローの長田貴仁氏が話す。

「藤田さんはその後、『孫さんの態度、言葉遣いは実に丁寧で礼儀正しかった』と褒め続けた。日本で会社を立ち上げてからも大企業の経営者たちに可愛がられ、『オジンころがし』とまで言われた」

 一方の柳井氏については、長田氏はこう言う。

「ひたすら人と会って人脈を広げることに腐心するベンチャー経営者が多い中で、柳井さんは、何の考えもなく人と会っても収穫はない、それよりもじっくり勉強すべき、と考える人です」

 2002年から2年間、柳井氏の下で執行役員を務めた名取勝也氏(現・オリンパス社外監査役)も話す。

「ユニクロは東レや三菱商事と組んで中国展開を進めたのですが、そのときも『力を貸してくれ』ではなく、『自分のプランは絶対にいいはずだから一緒にやろう』という持ちかけ方。相手に頼るのが大嫌いで、すべて自力で切り開こうとするんです」

 柳井氏をよく知る関係者によれば、「夜、柳井さんが社外の人と食事をするのは月に1、2回だけ。それ以外は家に直行し、食後は独りで会社のことを考える。読書が大好きで、ドラッカーの本を愛読している」という。

 そうした違いは、ブレーンとの関係にも現われる。経営コンサルタントの山田修氏が話す。

「柳井さんは自分が経営者として優秀すぎるために、人を信じられない、人に任せられない、そして人を育てられないのではないでしょうか。2002年に後任社長に据えた玉塚元一さん(今年5月、ローソン代表取締役に就任予定)を3年後に解任したのがその象徴です」

 ただし、そうしたブレーンが去った後は、誰か別の人物を据えるのではなく、自らが乗り出して“後始末”をつけるあたりに柳井氏の凄みが感じられる。

 一方の孫氏は意外にも人任せなのだという。孫氏についての著書がある作家の大下英治氏が言う。

「かつて北尾吉孝さん(現・SBIホールディングス代表取締役)がソフトバンク常務だったとき、孫さんの海外出張中にメーンバンク制度をやめる決定を下した。孫さんは事前に詳細を知らされていなかったのですが、帰国後、『北ヤンを信じているから、それでいいよ』とだけ言った。北尾さんは感激して涙を流したそうです」

※週刊ポスト2014年4月4・11日号