<インドネシアPGA選手権 初日◇26日◇ダマイ・インダ・ゴルフ>
 インドネシアにあるダマイ・インダ・ゴルフで開幕した日本ツアーとワンアジアとの共催試合「インドネシアPGA選手権」。今大会が国内男子ツアーの開幕戦ということもあり、60名以上の日本人選手が出場。その大会初日では上井邦裕と村松道央の2人が“65”をマークし7アンダーの2位タイと好発進を切った。
松山英樹がダンロップとウェア契約「スイング時にストレスが無かった」
 この日、OUTスタートの上井は1番からバーディと好スタート。続く3番、そして7、8番でもバーディを奪い前半で4アンダーとした。勢いに乗る上井は後半の立ち上がり10、11番でいきなり連続バーディを奪取。さらに14、15番でもこの日3回目の連続バーディを奪取。最終18番でこの日初のボギーを叩いたが8バーディ・1ボギーの文句のつけようのないゴルフで初日を終えた。
 一方の松村も同じくOUTからスタート。まずは3番で幸先良くバーディを奪取すると次の4番パー5ではイーグル。さらに5番でもバーディを奪い一気にスコアを伸ばす。その後の8番でもバーディを奪い前半1イーグル・3バーディの5アンダーで折り返した。後半に入りややペースダウンした松村だったが、3バーディ・1ボギーで回り2つ伸ばしホールアウトした。結局この日は1イーグル・6バーディ・1ボギーのラウンドとなった。
 ともに1ボギーのみと安定感抜群のゴルフを披露した上井と松村。開幕Vに向け絶好のスタートとなった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
【緊急】アクサレディス あなたは誰の一打速報が見たい?
ユーラシアカップ初日はアジアチーム全敗という結果に…
マスターズ出場狙う石川遼が優勝予想にピックアップ
ゴルフが好きな美人が集合 「美ゴ女」を見てね
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」