ニチレイレディスへの出場権を獲得した石川彩(写真左・関東大会優勝)と岡山絵里(写真右・全国大会優勝)(写真:大会提供)

写真拡大

 「全国高等学校ゴルフ選手権春季大会」の2日目、高校女子・中学男女は最終日が行われた。高校女子の部では初日首位に立った岡山絵里(大阪・大商大高2年)がこの日イーブンパーの“72”をマーク、通算4オーバーで高校女子の部を優勝した。これにより岡山は全国高等学校ゴルフ連盟代表として、6月に開催される国内女子ツアー「ニチレイレディス」の出場権を獲得した。


 「いつも意識をしてプレーしてしまうと、ガッツリいってしまってミスをしてしまうことが多かったので、今日はパープレーを目標にしてコツコツと1ホールずつプレーしていきました。ボギーが先行したんですけど、どこかでバーディが獲れると思って我慢してプレーを続けていたら、11番・12番で連続バーディが来てくれました。
 
 去年はナショナルチームの候補選手だったんですけど、今年は正式にナショナルチームのメンバーになって、早速、高校選手権で優勝することが出来て嬉しいです。それに高校選手権で優勝するとプロの試合(ニチレイレディス)への出場権が得られるので狙っていました。これまでマンデーを突破して何試合か出場させてもらったんですけど、予選を突破したことがなくて。ニチレイレディスでは絶対に予選を突破してベストアマになりたいと思います。」と意気込みを語った。
 将来は世界で活躍しているアニカ・ソレンスタムが目標という岡山。未来のスター候補に注目したい。

 なお、中学男子の部は通算2オーバーでホールアウトした岡崎錬(岐阜・美濃加茂西3年)と初日“68”をマークした中井賢人(東京・保谷3年)とのプレーオフとなり、この日2アンダーと好調なプレーをしていた岡崎がプレーオフも制して優勝した。中学女子の部では首位スタートの勝みなみ(鹿児島・長田3年)がイーブンパーの“72”でまとめ1オーバー、2位と8打差をつける圧勝で大会連覇を達成した。ちなみに、高校男子の部は3日間の日程、明日の28日が最終日となる。

高校女子の部
優勝 +4 岡山 絵里(大阪・大商大高2年)
2位 +5 森田  遥(香川・高松中央2年)
3位 +6 石川  彩(東京・堀越2年)
※優勝した岡山絵里には6月に開催されるニチレイレディスへの出場権が与えられ。また、優勝者および関東大会で既に資格を有している選手を除く上位5名にはニチレイレディスの主催者推薦選考会への出場権が与えられる

中学女子の部
優勝 +1 勝 みなみ(鹿児島・長田3年)
2位 +9 橋本 千里(愛知・萩山3年)、松原 由美(大阪・白鷲3年)

中学男子の部
優勝 +2 岡崎  錬(岐阜・美濃加茂西3年)
2位 +2 中井 賢人(東京・保谷3年)
3位 +3 杉原 大河(徳島・南部2年)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
森田理香子、2週連続Vなるか「したことないので、やってみたい」
昨年覇者の堀奈津佳「去年は去年、今年は今年」
中尾春陽が首位スタート!初の全国タイトル獲得を狙う
ゴルフが好きな美人が集合 「美ゴ女」を見てね
女子プロの私服も公開!「写真館」