苦しいスタートとなったアジアチーム

写真拡大

<ユーラシアカップ 初日◇27日◇グレンマリエG&CC>
 「ユーラシアカップ」がマレーシアのセランゴール州にあるグレンマリエG&CCで開幕した。アジアチームとして出場している谷原秀人、小田孔明ペアはヨーロッパチームのトーマス・ビヨン(デンマーク)、トービヨン・オルセン(デンマーク)ペアに敗戦。アジアチームは1勝も挙げられず、いきなりヨーロッパチームに5ポイント差をつけられる苦しいスタートとなった。
倉本昌弘PGA会長が松山にエール「誰よりも期待できる」
 アジアチーム2組目としてスタートした谷原と小田は、前半から2ダウンを喫してしまい追いかける展開に。後半になって自分たちのペースを取り戻すも、結局前半の差が埋められず、そのまま2ダウンで敗れた。「負けてたから、とりあえず意地を見せようと思ったけど…チャンスもいくつかあったが決め切れなかった。前半が悪すぎたですね…」とラウンド後の小田は前半のゴルフを悔いた。
 明日はゴンサロ・フェルナンデスカスターニョ(スペイン)、スティーブン・ギャラハー(スコットランド)ペアと対戦する。「一人ひとり集中し、フェアウェイキープして、グリーンを捉えるということをきちんとやっていければ逆転できる」と谷原はまだアジアチームの逆転をあきらめていない。記念すべき第一回大会、アジアの意地を見せたいところだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
ホリエモンが斬る!日本ゴルフの問題点
R&Aが“女性会員”の入会を容認へ
昨年覇者の堀奈津佳「去年は去年、今年は今年」
森田理香子、2週連続Vなるか「したことないので、やってみたい」
谷原秀人、小田孔明を乗せた車が接触事故