名誉毀損で敗訴 ユニクロの未来

ざっくり言うと

  • ユニクロ運営企業が文藝春秋を名誉毀損で訴えた訴訟で26日、原告側の控訴が棄却された
  • 争点は、過酷な労働実態に関する元店長の発言の信ぴょう性
  • 同社は全社員半数の正社員化を打ち出し、労働環境の改善が期待される

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング