クルム伊達公子の日に焼けた精悍(せいかん)な姿は、今年も北米の強い日差しの中にあった。3月にカリフォルニア州インディアンウェルズで行なわれるBNPパリバオープンと、続いてマイアミで開催されるソニーオープンの2大会は、グランドスラムに次ぐ格付けの大会。ただ、本選出場の選手枠が少ないため、ある意味ではグランドスラムよりも過酷な戦場だ。

 2月末の時点で世界ランキング95位だったクルム伊達は、シングルスではいずれの大会でも予選からの出場を余儀なくされた。予選とはいえ、他の大会なら十分に本選レベルの選手がそろう激戦区。BNPパリバオープンでは予選決勝で惜敗したものの、ソニーオープンでは高温多湿の過酷な条件下で連日フルセットの激闘を勝ち抜き、本選出場を果たしている。それだけでも驚愕と称賛に値するが、加えてさらに驚くべきは、彼女がダブルスにも出ていることだ。この2大会のパートナーとなったバーバラ・ストリコバ(チェコ)は、今回の遠征で初めて組む選手である。それにもかかわらず、クルム伊達たちは抜群のコンビネーションを見せ、BNPパリバオープンでは3回戦に進出。そしてソニーオープンでは初戦で、第1シードにして世界最強ペアの謝淑薇(ス=ウェイ・シェイ/台湾)−彭帥(ペン・シュアイ/中国)を破る大金星を手にしたのだ。

 それにしても......、である。クルム伊達は今年1月の全豪オープンの時点では、「オフシーズンはケガもあり、十分なトレーニングが積めなかった」と口にし、試合中も「筋力の低下によるパワー不足を感じた」と表情を曇らせていた。

「身体の調子が良くない中で戦うときは、シングルス一本に絞ったほうが調整しやすい。今年は、シングルスにフォーカスしたほうが良いだろうか?」

 シーズン開幕当初は、そんな思いにも襲われたという。それでも彼女は、最終的には両立を決意する。限界への不安と戦い、心が揺れもした中でなお、ダブルスにこだわる理由とは何だったのか?

 ひとつには、昨年の同時期にダブルスで好成績を残したため、その地位を保ちたいという思いがあったと彼女は明かす。

「昨年のモントレー(4月/メキシコ)とストラスブール(5月/フランス)で優勝しているので、守るべきポイントが多い(ランキングポイントは獲得から1年経つと消滅する)。もしランキングが下がっていたなら、今の状況ではダブルスはあきらめたかもしれません。でも、まだチャンスがあるうちは、出たい気持ちのほうが勝ってしまうんです」

 現在のクルム伊達のダブルスランキングなら、グランドスラムを含むほとんどの大会で、本選に出場できる位置にいる。だが、今の地位を守りたいというのは、現状を鑑(かんが)みての判断というよりは、目の前の可能性に掛けるアスリートとしての本能だろう。もちろん、「ダブルスが好きだし、楽しい」との純粋な情熱も、計算度外視で彼女を駆り立てる要因だ。

 さらに、クルム伊達の視線は、ダブルスが持つさまざまな効能に向けられ、その想いは日本テニスの未来へと広がっていく。

「ダブルスに出ることは、いろんな意味で必要だと思います」

 そう断じるクルム伊達は、ダブルスに出場するメリットのひとつとして、ツアー生活における「潤滑油」としての機能を挙げた。

「ツアーを何年もずっと回っていると、負けが続いたり、ケガすることもある。そういうときにダブルスのような楽しみがないと、早く煮詰まりやすいと思います。あとは、プレイヤーたちとの交流を深められるし、相手を知るチャンスでもあります」

 これこそが、世界を転戦する中で、ストレスを軽減して戦い抜く知恵だろう。10代から20代にかけて8年、さらには30代から40代にかけてすでに6年戦っているクルム伊達だからこそ、それらの言葉は重みを持つ。

 また、ダブルスを「相手を知るチャンス」と見る視座は、いかにもテニスの妙味を「相手との駆け引き」と捉える彼女らしい。この「チャンス」の意味合いには、さまざまな選手の情報を得られる利点や、親しい選手を増やすと練習相手が得やすいこと、あるいは単純に仲の良い選手が多いほうがツアー生活が心地よい......など、多様な要素が含まれるだろう。実際にクルム伊達は、2008年の復帰以降に勝ち取った5度のダブルスのタイトルを、すべて異なるパートナーと手にしている。彼女が言葉にしたように、多くの選手と組むことでいろいろな相手を知ろうとする向上心や探究心が、パートナーの履歴からもうかがえる。また、これは単なる偶然かもしれないが、それら5人の優勝パートナーとはいずれもシングルスで対戦し、すべての相手から勝利を挙げている点も興味深い。

 もちろんクルム伊達は、ダブルスが持つ技術研鑽の役割にも注目し、同時に、日本の選手たちもダブルスに積極的に出て欲しいと語る。そのような彼女の想いは、体格的にも日本人と大差のない164センチのバーバラ・ストリコバと組んだとき、より一層強いものとなった。

「バーバラ(・ストリコバ)と話をしている中でひとつ、日本人の若い子も参考にできると思ったことがありました。バーバラはクレー(土)育ちなのに、ボレーがすごく上手。『なぜ、そんなにネットプレイやボレーがうまいの?』と聞いたら、彼女は『子どものころにボレーをコーチから教わったとき、すごく楽しいと感じたから。だから小さいころは、ずっとボレーの練習をしていた』と言ったんです。でも、今の若い日本人選手は、1時間の練習時間があったら、ボレーの練習時間は10分もないくらい。バーバラはネットプレイがうまいので、パワーがなくても攻撃的なテニスができる。一発で押し込むのではなく、相手を動かしてスルスルと前に出たりするのが、すごくうまいんです」

 つまりは体格で劣る日本人こそ、ダブルスの技術や経験は重要であり、だからこそ若いころからダブルスに出ることを推奨する。

「今の若い世代には、ダブルスをして育ってきた選手が少ないと思います。コーチにしても、『まずはシングルスに専念』と言うのですが、私は、『今やらなければ、いつやるの?』と思うんです。シングルスで上位に行ったら、ますますダブルスとの両立は難しくなる。そこからボレーのテクニックを学ぶのも難しい。新しいテクニックを学ぶには若いほうが良いし、体力もあるうちにやっておかなくてはと思うんです。私は若いころにそうやって育ってきたし、今回のパートナーのバーバラにしても、若いころからダブルスをやったことで、ボレーの技術を会得したと言っていましたから」

 相棒のバーバラ・ストリコバとは、すでに今年の全仏、そしてウインブルドンでも組むことを約束したという。お互い、「私たちが最も得意なのは、芝!」と認識し合っているだけに、特にウインブルドンに掛ける想いは大きい。

 シングルスとダブルスの両立は、体力面では当然のように負担が大きくなる。それでもクルム伊達は、「今回の2大会は試合数を多くこなせた。アメリカの大会は時差や飛行機移動などで大変なことも多いけれど、『これぞツアー!』という感じ」と、日に焼けた顔を充実感で輝かせた。

 今年4月、クルム伊達の「再チャレンジ」は、7年目に突入する――。

内田暁●文 text by Uchida Akatsuki