●黄昏の…上級契約(ハイヤーエンゲージ)

(画像:「中二病でも恋がしたい!戀」公式Webサイトより)
© 虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会

●キャスト
富樫 勇太:福山潤
小鳥遊 六花:内田真礼
丹生谷 森夏:赤千夏
一色 誠:保志総一朗
七宮 智音:長妻樹里
五月七日 くみん:浅倉杏美
凸守 早苗:上坂すみれ
九十九 七瀬:井上喜久子
国語の先生:烏田裕志
数学の先生:松尾大亮
勇太の母:天野由梨
富樫 樟葉:福原香織
富樫 夢葉:設楽麻美
きめら:沖佳苗
小鳥遊 十花:仙台エリ
六花の母:岩男潤子
祖父:中博史
祖母:野村須磨子
佐藤:岡田栄美
鈴木:中嶋アキ
巫部 風鈴:白川愛実
眠 睡:中原麻衣
十九川菜摘:小清水亜美
小鳥遊 十花:仙台エリ
チェント:山岡ゆり

●ストーリー
高校に進学してから2ヶ月、無口で常に右目に眼帯をつけ左腕に包帯を巻いた小鳥遊六花は未だにクラスに馴染めずにいた。

ある日、些細な出来事から六花は勇太に接触する。唐突にカラコンの右眼を晒して「契約完了」と呟き、「小鳥遊」ではなく「六花」と呼べと要求し、先生にも意味不明の言動を示して戸惑わせる。その言動は中二病だった。

※第2期です。
●オープニング
富樫 勇太「きめらの様子はどうだ?」
富樫 樟葉「一応餌は食べているけどやっぱり何か調子が悪いみたい。」


※きめらの調子が悪いのは「巨大化計画」と称して小鳥遊 六花がきめらに餌を与えすぎたせいのようです。

その元凶である小鳥遊 六花も寝込んでいる。というより、単に寝坊なだけのようです。
●上級契約
丹生谷 森夏「ボンジョルノ〜!」

夏休み明け、眼鏡三つ編みキャラになっていた丹生谷 森夏。

※彼女は長期の休み明け初日にイメチェンをする傾向にあるようです。

巫部 風鈴「もしかして破局したんですか?」

唐突に話に絡んでくる彼女。富樫 勇太と小鳥遊 六花は破局した訳でも無く、何となく疎遠になっているだけ。但し、巫部 風鈴の介入のおかげで余計に話がややこしくなってしまいます。

七宮 智音「あの2人は上級契約を結ぶんじゃないかな?」

上級契約とは恋人契約よりも上級、という事は(※…。

※ディレクターズカットが入りました!
●銭湯回!
上級契約の件を小鳥遊 六花から話を聞くために銭湯にやってきた一同(当然ですが富樫 勇太は今回の話に入れません)。

※ちなみに小鳥遊 六花のおっぱ○は意外に大きいようで…。g逆に凸守 早苗のおっぱ○は…(何も言うまい)。

一色 誠「告白された…。」
富樫 勇太「良かったじゃないか!」

一色 誠は五月七日 くみん一筋らしいのですが、プールの監視員のアルバイトをしているときに「ちひろ」という方に告白されたそうです。しかし、その「ちひろ」という方は、

ちひろ「誠君。会いたかったよ。」

実はちひろという人物は男性!つまり「やら○いか」路線!

※ウ○ッ、○い男…。
●邪王真眼、キスをする!
※結局、小鳥遊 六花の上級契約の件は彼女から直接富樫 勇太に伝える、という事になった模様。

そこで例のゴスロリ衣装に着替え、待ち構える小鳥遊 六花。

踏ん切りが付かない小鳥遊 六花に対して鼻ポチで落ち着かせる七宮 智音。

小鳥遊 六花「邪王真眼上級契約を結べ!」

彼女の言っている事はいまいち分かっていないですが、何となく雰囲気で把握する富樫 勇太。

そしてキスをしようとする寸前、涙を流し中断する小鳥遊 六花。どうしても踏み出せない彼女。

その結末を富樫 勇太は分かっていたのかも知れません。それが2人にとっての恋の形。

再び2人がキスをしようとするも、今度は富樫 樟葉から電話!

富樫 樟葉「きめらが赤ちゃんを産んだの!」

※太っていたのはそういう訳だったんですね!

殆ど何も変わらないままの富樫 勇太と小鳥遊 六花ですが「中二病でも恋がしたい!戀」、今回で終了です。

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「中二病でも恋がしたい!戀」第11話「小鳥遊 六花が探し求めたもの、富樫 勇太が置き去ったもの」(ネタばれ注意)
【アニメ】「中二病でも恋がしたい!戀」第10話「七宮 智音、恋する魔王魔法少女!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「中二病でも恋がしたい!戀」第9話「小鳥遊 六花、中二病からの卒業?」(ネタばれ注意)
【アニメ】「中二病でも恋がしたい!戀」第8話「丹生谷 森夏、精霊聖母(モリサマー)と戦う!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「中二病でも恋がしたい!戀」第7話「小鳥遊 六花、誕生日!」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「中二病でも恋がしたい!戀」TVアニメ公式Webサイト