「SUPERLOW 1200T」(ビビッドブラック)

写真拡大

ハーレーダビッドソンジャパンは2014年4月5日、スポーツスターファミリー「SUPERLOW(スーパーロー)1200T」を発売する。

コンパクトなライディングポジションを実現

小柄な人はもちろん、女性でも安心のコンパクトなライディングポジションを実現。ライダーの足つき性をよくするため低く設計されたリデュースドリーチ・ツーアップツーリングシートや、振動を軽減してロングライドを快適にするミニフットボードを装備し、フットポジションは「スーパーロー883」よりも7.6センチ手前になった。ジフィースタンド(サイドスタンド)の出し入れもより容易になっている。

シャシーは、「スーパーロー883」用に開発されたものと同じハンドリングの軽快なシャシーシステムを採用。そのシャシーに、排気量1201ccのエボリューションエンジンを初めて搭載した。また、新しいハンドアジャスタブルサスペンションにより、荷物とパッセンジャーを乗せての快適なロングツーリングを可能にした。施錠可能なサドルバッグ、デタッチャブルウィンドシールドも標準で装備する。

ボディーカラーは、ビビッドブラック、キャンディーオレンジ、バーチホワイト/ミッドナイトパールの全3種類。希望小売価格は、モノトーンが156万3000円、ツートーンが159万8000円(いずれも消費税8%込み)。