金遣いが荒い人の特徴「後輩には必ずおごる」「タクシーにすぐ乗る」

写真拡大

「えっそんなにお金使って大丈夫?」と見ているほうが心配になる、そんな金使いの荒い同僚や友人、恋人がまわりにいませんか? そんなお財布のヒモが大全開な人たちのエピソードを集めてみました。

■ギャンブル狂

・「パチンコ、パチスロ大好き。給料日に使い込んでしまう」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「後輩に、1日に10万円とかをパチンコに使う人がいる。本当にもったいない」(27歳/その他/事務系専門職)

はまると怖いギャンブル。やはりこのゾーンはアンタッチャブルにしておきたいですね。

■恐怖! このままいけばカード破産?

・「お金がないのに衝動買いが止められない。カード払いにするから次のお給料はそのまま無くなる」(27歳/アパレス・繊維/販売職・サービス系)

・「何でもカードで払い、どれくらい払ったか分からないで、明細を見てびっくりするのを繰り返している」(28歳/学校・教育関連/専門職)

クレジットカードは便利ですが、打ち出の小づちではありません。バンバンとカードを使っている姿を見ているこちらがハラハラドキドキしてしまいます。

■すぐに○○する

・「すぐコンビニで買いものをする」(32歳/食品・飲料・営業職)

・「すぐ飲みに行く。月に1回は美容院に行って2万円近く使っている人がいる。やっぱり見た目が派手」(30歳/機械・精密機器/営業職)

・「すぐに物を買う人。見栄からなのか、節約を考えていない人。送料や手数料など、あまり気にしない人」(30歳/学校・教育関連/技術職)

・「タクシーにすぐ乗る友人」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

そのときの気分で「すぐに」お金を使ってしまう。こういう散財ってけっこうな額に上ってしまうので要注意です! 安易な「コンビニ買い」を金遣いが荒いとみる人はほかにもいらっしゃいました。

■気前がよすぎる

・「彼氏が、後輩と飲みに行くと必ずおごってしまう。しかも、自分の財布のことを考えず、気前よくごちそうしてしまうので、あとから自分の生活費が足りなくなったりしている」(24歳/小売店/販売職・サービス系)

・「パチスロやキャバクラで友人におごりまくった過去がある彼。今はそのツケがまわって毎月借金返済。スロットやキャバは行かなくなったが宝くじにお金をかけるようになった」(29歳/通信/販売職・サービス系)

けち過ぎる男性も考えものですが、赤字になってまで気前よくするのはもちろんNGです。決してかっこいいことではありません。

■もしかして依存症?

・「とにかく買い物大好きの友人がいて、家には買っても着ない服がたくさんあるらしい。クローゼットに入り切らず、部屋に散乱してると言っていた」(33歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「年下の同僚。安月給の会社なのに、1年に一度くらい引っ越しをして、ブランドや新しいものをいつも買っていて、ほぼ毎日遊びに行っている」(26歳/情報・IT/営業職)

買い物は確かに楽しいけれど、お金を使うこと自体に満足感を求めていくとお金は飛んで、部屋は荒れる一方です。バランス感覚を忘れずに!

せっかくもらったお給料。「消費」と「浪費」のけじめをきっちりをつけておきたいですね。これを機にお金との上手なつきあい方を考えてみてはいかがでしょうか?

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2013年10月にWebアンケート。有効回答数296件(22歳〜34歳の働く女性)