浅田真央 (撮影:フォート・キシモト)

写真拡大 (全2枚)

25日放送のバラエティ番組「東野幸治のナイモノネダリ」(TBS系)で、元フィギュアスケート選手の織田信成氏が、ソチ五輪フィギュアスケート女子シングルでの浅田真央選手への採点について本音を漏らした。

番組は織田信成氏ら、元選手が現役選手の長所や見所を語っていくという内容で、織田氏は浅田のたゆまぬ努力を大絶賛。ソチ五輪ではテレビ中継で見ながら号泣したというが、ジャッジについては不満だったようだ。

「言いたいのは、かなり厳しかったんですよ、採点が」と、浅田のフリーの採点について一言。その要因を、ショートプログラムでミスがあった浅田を、審査員が下位選手のつもりで採点したため、戸惑ったのではないかと分析した。続けて「もっと(点数を)あげてよかったんじゃないかなと思うんですよね」と興奮気味に語った。

また、浅田のフリー演技採点で、回転不足による減点があったことに対して、「スローで見ても絶対に足りてるやん」「おかしいって。もっと評価点付けなあかんやろ」「誰が見ても完璧でしょ。どこ見とんねん」と、冗談交じりの口調ではあったが、異論を唱えた。

織田氏は現役時代、ジャッジには不満を「言えなかった」とのことだが、司会の東野幸治は「引退したことだし、君しかおらんから。言うてもらわんと」と、織田氏の正直な告白を歓迎していた。

【関連記事】
浅田真央、会心のフリー自己ベスト演技に安藤美姫ら各界から「ありがとう」
織田信成、モロゾフコーチ指導料は「年間600万円」と告白
安藤美姫、浅田真央について冷静にコメント 「すごく悩んだ時期も知ってるので、正直びっくりとかはなかったですね」
「真央がヨナに勝つためには……」スケート連盟関係者のコラムが韓国で話題に