『罪の手ざわり』 ©2013 BANDAI VISUAL, BITTERS END, OFFICE KITANO

写真拡大

ジャ・ジャンクー監督の最新作『罪の手ざわり』が、5月31日から東京・渋谷のBunkamuraル・シネマほか全国で公開される。

【もっと写真を見る】

同作はジャ・ジャンクー監督が『ヴェネチア国際映画祭』金獅子賞を受賞した『長江哀歌』以来約7年ぶりに手掛けた長編映画。『第66回カンヌ国際映画祭』では脚本賞を受賞している。

中国で実際に起きた4つの事件をもとにした同作では、村で共同所有していた炭鉱の利益が実業家に独占されたことに怒る山西省の男をはじめ、妻子に出稼ぎだと偽って強盗を繰り返し生活費を稼ぐ重慶の男、客にしつこく迫られ我慢できずに切りつけてしまう湖北省の女、ナイトクラブのダンサーに恋をする広東省の男が、虐げられながらもひたむきに生きる中で犯した罪が描かれる。

また、4月19日からは東京・吉祥寺のバウスシアターでジャ・ジャンクー監督のレトロスペクティブを開催。『長江哀歌』をはじめ『四川のうた』『一瞬の夢』など全6作品を35mmプリントで上映する。