本音をいえば、自分に合った年収はいくら?「300〜400万円 25.2%」

写真拡大

同じ会社で働き続け、着実にスキルアップしている。もちろん売り上げにも貢献していても、現実はかなり厳しいもの。なかなか給料があがらないですよね。本音を言えば、自分に合った年収はいくらだと思いますか? 読者544名に聞きました。

Q.本音をいえば、自分のスキルや仕事量に合った年収はいくらだと思いますか?(単一回答)
1位 300〜400万円 25.2%
2位 100〜300万円 22.1%
3位 400〜500万円 18.6%
4位 500〜600万円 9.7%
5位 0〜100万円 8.3%

■300〜400万円
・「異常に忙しいので、300万円以上は正直欲しい」(30歳女性/不動産/事務系専門職)
・「年収が300万円に満たないのが不満だから」(25歳女性/小売店/販売職・サービス系)
・「300後半位は欲しい。あれこれ、販売やらバイト管理やら、制作やら、こき使われているので……」(32歳女性/情報・IT/クリエイティブ職)

■番外編:もっと評価されてもいい(1,000万円以上)
・「お給料の3倍目安を稼げてればいいと聞いています」(45歳男性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
・「これくらい働いている。忙しい時は寝ずにというのを月数日やっている。体壊したし」(45歳男性/電力・ガス・石油/技術職)
・「会社の赤字を解消したので」(50歳男性/情報・IT/技術職)

経験年数や仕事量、貢献度を客観的に判断して、せめて年収300万円は欲しい! と思う人が多かったです。学生時代の友だちや、同業他社の求人と比べてしまうと、悲しくなることがありますよね。認めてくれる会社を探すか、今のまま我慢するか……。

判断が難しいところです。

調査期間:2014/3/5〜2014/3/13
有効回答数:男性185名、女性359名(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

(OFFICE-SANGA)